Google ドライブがリフレッシュされたマテリアルデザインテーマで登場!

0
184


先月のGmail改訂版では、ウェブ上でリフレッシュされたマテリアルデザインが導入されました。このマテリアルデザインテーマは、現在、Googleドライブのウェブクライアントでもリリースされており、GoogleのGスイート製品とGoogleの新しいデザインを統合しています。



Google ドライブがリフレッシュされたマテリアルデザインテーマで登場!

Googleによると、新しいインターフェースはGmailやカレンダーのようなG Suiteファミリーのアプリと密接に連携しながら、「応答性と効率性」を備えて設計されています。

現在、Gスイートアプリの左上隅には、Googleのワードマークとサービス名が含まれています。 4月にGmailで最初にリリースされたとき、アプリアイコンが「Google」を置き換える形で変わりました。 G Suiteのお客様のために、Googleは会社のカスタムロゴをユーザーのアバターの右上に移動しています。この変更は、新しいGoogleバーですでに詳述されています。

ドライブは、4つのGoogle色の「プラス」アイコンを含むピル型の「新規」ボタンを採用し、ドキュメント、シート、スライドを開き、ファイルのアップロードを開始できます。その間、サイトの背景は現在のライトグレーの代わりに白い色です。ファイル、フォルダ、およびクイックアクセスカード用のさまざまなカードは、より輪郭が明るく、ヘッダー用の新しいフォントで丸められます。

最後に、ヘルプと設定アイコンが検索バーの右側に表示され、より迅速にアクセスできます。これらの変更は、チームドライブやその他のGスイートのカスタマイズをサポートしながら、アプリの他のタブにも適用されます。

Googleの話では、「機能に変化はありません」とのこと。このアップデートは今後数週間、すべてのGoogleドライブユーザーに公開されます。