Appleが、ロケーションデータを第三者に送信するアプリを排除へ?

0
149


ここ数日、アップル社は、第三者とロケーションデータを共有するアプリを排除する動きがあります。その場合、Appleは問題のアプリを削除し、そのアプリがApp Storeレビューガイドラインの2つの部分に違反していることをデベロッパーに通知しているといいます。



Appleが、ロケーションデータを第三者に送信するアプリを排除へ?

これまでのところ、Appleはこれらのタイプのアプリを排除するするいくつかのケースがありました。同社は電子メールを介して開発者に、再評価時にアプリがApp Store Review Guidelinesのセクション5.1.1と5.1.2に違反していることを伝えています。このガイドラインはユーザーの位置情報とユーザーのデータ収集意識に関する情報です。

ガイドライン5.1.1および5.1.2の内容

アプリが、ユーザーからの明示的な同意なしに、そして承認されていない目的で、ユーザーの位置情報を第三者に送信していた場合、Appleは、違反に関連するコード、フレームワーク、またはSDKを、開発者はApp Storeに再提出する前に削除する必要があると説明しています。

これらのアプリに対するAppleの厳重な取り締まりは、欧州連合(EU)のGDPR(General Data Protection Regulation)に起因する業界の変化がますます大きくなる中で実施されています。

ガイドラインでは、許可を求めるだけでなく、開発者にデータをどのように使おうとしているのか、それがどのように共有されているのかを説明してほしいと考えているようです。さらに、同社は、ユーザーエクスペリエンスの向上とは無関係の目的でデータが使用されている場合を細分化しています。

最初に許可を得ずに、データの使用方法と場所に関する情報にアクセスすることは許されておらず、誰かの個人データを使用または送信することはできません。

アプリから収集されたデータは、アプリの機能に関連するユーザーエクスペリエンスやソフトウェア/ハードウェアのパフォーマンスの向上とは無関係に、第三者との間で使用または共有することはできません。

この時点で、この排除活動がApp Storeにとってどれほどの広範であるかははっきりしていません。