LINE@メールの配信テクニック

仕事でLINE@を利用し始めています。

メールマガジンに近いLINE@ですが、
やはりスパムメールの用に届くと逆効果を招くかもしれません。
簡単に有効な
LINE@メールの配信テクニックをまとめてみました。

2013-03-21_165032


1. クーポン(抽選)配信
2. ユーザーにメリットのある情報配信
3. メッセージの頻度は、週2回程度がよい

1. クーポン(抽選)配信
全員配布とクーポン抽選の2パータンが揃っているクーポン機能ですが、
タイムセール的にに使えるクーポン(抽選)がLINE@メールでは有効な気がします。
抽選機能も標準で備わっていて、受け取ったユーザーはその場で抽選結果を見れます。
宝くじのようなゲーム感覚が少しありますので、ユーザーとしては抽選参加率は高いかと思います。

配信の時間帯も、帰宅途中でお店に寄れそうなタイミングがベストかもしれません。
理想のイメージは、
「通勤中に抽選くじが引けて、当たれば配布されたクーポンを持って最寄駅のお店で使える。」
かもしれません。
ユーザーの購入欲が高くなる時間帯を狙うのがいいかもしれません。

2. ユーザーにメリットのある情報配信
ユーザーにメリットのあるローカル情報をたまに流す。が効果的化もしれません。
クーポンばかりを流しているとスパムメール的な感覚になり、
通知をオフされてしまう可能性があります。
基本的にエンドユーザーはローカル(身近な)LINE@を追加しますので、
最新のローカル情報をながしてみるといいかもしれません。

3. メッセージの頻度は、週2回程度がよい

最後はやはり「しつこい!」と思われないよう。週2回程度にしましょう。
エンドユーザーがローカルにいる可能性が高い
週末にかけて流してあげるのが効果が高いかもしれません。

2013-03-21_164551

https://biz.line.naver.jp/ja/