GoogleのGスイートは、ファイルを誰が閲覧したかを確認できる新しいダッシュボードを搭載

0
292

Googleは、ドキュメント、スプレッドシート、スライドに新しいアクティビティダッシュボードを追加し、ファイル編集機能を持つユーザーは、ファイルを閲覧した他のユーザーと確認できるようになります。



GoogleのGスイートは、ファイルを誰が閲覧したかを確認できるように

友人や同僚が、メッセージには、反応してこない場合に、既読チェックをオンにする機能がありますが、Gスイートで、共有しているドキュメントでも、同じようにドキュメントの閲覧履歴を確認できるようになります。新しい活動ダッシュボードでは、閲覧権限のあるユーザーがどのタイミングでドキュメントを実際に読んだかを知ることができます。または、ドキュメントに誤って共有パーミッションをつけてしまい、想定外のユーザーが、誤ってファイルにアクセス場合でも、そのユーザーを特定できるようになります。

G Suite管理者は、今日からアクティビティダッシュボード機能をオンにすることができ、この機能は3月21日からユーザーに公開されます。