Wear OSはAndroid Pで「強化型」バッテリーセーバーモードを追加

0
314

3月にGoogleのウェアラブルプラットフォームは新しい名前、Wear OSになり、Android Pデベロッパープレビューでは、Googleはダークテーマとスマートバッテリー節約機能を導入しました。 I / O 2018では、Googleはバッテリセーバーモードを強化し、後者の側面をさらに洗練させています。



Wear OSはAndroid Pで「強化型」バッテリーセーバーモードを追加

Android Oreoでは、Wear OSで手動設定し、デバイスが低バッテリレベルに達したときにのみオンになる「バッテリーセーバー」を有効になる機能がありました。このモードでは、振動、位置情報サービス、Wi-Fi&モバイルの使用、データとアプリの更新、および常時表示が無効になります。

Android Pのデベロッパー向けプレビュー2では、ほぼ同じタスクを終了させる「強化された」バッテリーセーバーモードが導入され、新しい「省電力」のウォッチフェイスが導入されました。

時間を表示するには、ハードウェアボタンを1回タップし、長押ししてバッテリーセーバーをオフにします。

一方、今回のリリースでは、Bluetoothが切断されても、Wi-Fiを搭載した初期のパワーセービング機能はなくなっています。一方、同社は、健康およびフィットネス開発者のバックグラウンド活動の制限に、より寛大な設定になっています。これらのアプリはフォアグラウンドサービスを使用することが推奨されていますが、Googleは引き続き開発者のフィードバックに基づいてこの機能を最適化しています。

先週のI / Oを控えて、Googleはすべてのクエリのスマートな提案リスト、内蔵スピーカーやBluetoothヘッドフォンによる音声応答、膨大なアクションライブラリのサポートなど、新しいアシスタント機能を詳細に説明しました。これらの3つのカテゴリは健康追跡と接続に加え、Googleが今後Wear OSに焦点を当てているものです。