Japan Displayが、次のハイエンドiPhoneのOLEDディスプレイのために資金調達開始

0
74

多くの人は、iPhone XのディスプレイがOLEDを採用した、最高クラスのデバイスだと信じられていますが、iPhone 8とiPhone 8 Plusは、まだLCDディスプレイであっても普及しています。iPhone DisplayのサプライヤーであるJapan Displayは、AppleがiPhone XのOLEDディスプレイにSamsungを採用したため、昨年は厳しい年となりました。

日経によると、Japan Displayが「第三者割当増資と資産売却」を通し5億1700万ドルを獲得したと報告している。



Japan Displayが、次のハイエンドiPhoneのOLEDディスプレイのために資金調達開始

Appleは、5インチと6.5インチの2つのOLED搭載iPhoneとともに、今年1つの6.1インチLCDディスプレイiPhoneをリリースするとの噂が出ている。予想通り、LCDモデルはOLEDモデルよりも大幅に安くなる予定です。

日経は、AppleがiPhoneの液晶ディスプレイで、Japan Displayを採用しなければ、Japan Displayがおおきな問題を抱えることになると報じている。

米国のハイテク企業がOLEDに移行するのを期待し、サプライヤーの多くは先端技術の生産に投資するため、必要な規模の資金を得るために資本提携を検討し始めている。

Appleはこの秋からいくつかのモデルでLCDを採用しているようだ。在庫を確保するための資金と生産能力を必要とするJapan Displayにも採用のチャンスが高い

近い将来、Appleがディスプレイの技術を将来的に放棄することがあると、Japan Displayを含むディプレイ製造会社は大ダメージをうける可能性がある。Apple社はLEDの技術をApple Watchで使用し始め、Touch Bar付きMacBook Proに持ち込み、ゆっくりiPhoneのディスプレイに搭載してきています。 AppleがmicroLEDディスプレイ技術に投資している可能性もあるため、AppleはLCDとOLEDの両方の技術を近い将来放棄する可能性はあります。