通信事業者の情報から、iOS 12.1が10月30日にリリースされる事が判明!?

0
158


Appleは10月30日(火)に、新しいiPad Proモデルが発表すると予想されており、MacBook Airのモデルの代わりとなる新しいMacBookモデルが登場すると予測されています。またiOS 12.1も10月30日のベント終了後、数時間でリリースされる可能性が出てきました!



通信事業者の情報から、iOS 12.1が10月30日にリリースされる事が判明!?

iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRのeSIMサポートの開始に合わせて、10月30日にiOS 12.1をリリースする準備が整っていることをいくつかの通信事業者から確認できています。

新しいiPhoneには、iPhoneで初めてのデュアルSIM機能を可能にするeSIMが含まれています。

既存のiPhoneに別の回線を追加する事ができ、通話とテキストで2つの電話番号を利用、それぞれのプランで提供されるさまざまなデータパッケージを利用することができます。 iPhone XSとiPhone XRには、Dual-SIM Dual Standbyと呼ばれる技術が含まれています。これは、両方の電話番号を同時にアクティブにすることができます。 iPhoneは両方の番号からの呼び出しに応答する事ができます。

先月のiPhone XS登場では、eSIMの機能は利用できませんでしたが、iOS 12.1に含まれています。今回、米国と欧州の複数の通信事業者から、10月30日にユーザーはiOS 12.1をダウンロードできるため、10月30日からeSIM契約の展開を開始するよう要請されたといいます。 Bharti Airtel Indiaも10月30日に向けて準備を進めているようです。

Apple Storeでは、火曜日の発売前に特別なQRコードシートを受け取っているといいます。 eSIMをセットアップするために、AppleのユーザーはiPhone XS、iPhone XS Max、またはiPhone XRで特別なQRコードをスキャンする必要があるようです。これにより、自動的に必要なアカウント情報が入力され、電子SIMが起動し利用可能になります。キャリアアプリによっては、顧客がアプリを通じてサインアップすることもできるようです。

Appleはまた、iOS 12.1機能の承認を得て、iOS 12ユーザーガイドを更新しました。これは、iOS 12.1の一般公開が差し迫っているもう一つの裏付けです。

デュアルSIM機能以外にも、iOS 12.1には多くの新機能があります。 70種類以上の新しい絵文字、iPhone XS / XRのライブデプスコントロール、カメラファインダでポートレートモードのボケぼかしと、グループFaceTimeの追加があります。グループFaceTimeを使用すると、一度に最大32人とエンドツーエンドの暗号化されたグループビデオチャットが可能になり、1:1のFaceTimeコールと同じシンプルさとエレガントさでFaceTimeする事ができます。グループFaceTimeには、古いデバイスの性能上の制限があるため、iPhone 6以降のデバイスが必要です。