2018年登場予定の全iPhoneモデルのレンダリングイメージが登場! iPhone X Plusはトリプルレンズカメラを搭載?

0
455

2018年に登場するであろう新しいiPhoneモデルを比較したレンダリングイメージが登場しました。このイメージでは、iPhoneSE2 からiPhone X Plusまでのデバイスサイズがイメージで予想されており、あたらしいデバイス、iPhone X Plusでは搭載される機能が予想されています。



iPhone X Plusの機能

噂されている情報によると、iPhone Plusのサイズに近い、より大きなフォームファクター上で、iPhone Xのエッジツーエッジディスプレイデザインが採用され、大型の6.5インチOLEDディスプレイが登場するとの噂があります。この大型ディスプレイに加えて、デバイスにはおそらく新しいAシリーズチップセットとアップグレードされた内部機能が搭載されています。

iPhone X Plusは3台のカメラを搭載

さらに、iPhone X Plusのカメラ仕様も変わるとみられています。従来、AppleのPlus-modelsデバイスは、従来の小型カメラよりも優れたカメラセットアップを搭載していました。

iPhone X Plus では、HuaweiのP20 Proで導入されたトリプルレンズが採用されると見られています。 Appleがトリプルレンズレンズカメラでプレミアム層向けのiPhoneを開発しているという噂があり、その報告によると、そのデバイスは2019年登場の見込みになると言われています。