テスラは、モデルSステアリングの故障により、最大のリコールを発表

0
191

テスラは、モデルSセダンでパワーステアリングの問題が世界中に多数発生している問題について、電子メールで顧客に積極的な連絡を取り、テスラの他の車両が影響を受けていないことを伝えている。

テスラは、また、2016年4月以前に製造された123,000モデルのSモデル車が影響を受けていると述べ、この問題に関連して、怪我やクラッシュは報告されていないという。テスラ社でのリコールは、2015年に同じくSモデル車で90,000台にシートベルトの不具合が見り、また、昨年、53,000台のモデルSとモデルXでパーキングブレーキの故障が見つかった件以来です。



テスラは、モデルSステアリングの故障により、最大のリコールを発表

電子メールでは、テスラは「パワーステアリングボルトで過度の腐食がおこることが判明した」と述べていますが、この問題は道路塩が使用されるより寒い気候で一般的におこる問題であることが確認されています。

テスラは、ボルトが故障すると、運転手は車を操縦できるが、パワーアシストの喪失や減少のために操縦に力が必要となり、これは主に、低速での走行と並列駐車を難しくしますが、ステアリングホイールの小さな力しか必要とされない高速道路では制御に影響しないといいます。

テスラは、何の問題も発生していない場合は、緊急に修理する必要はないと述べており、修理準備が整った段階で、モデルS所有者に通知すると述べています。