IBMのWatsonアシスタントは、Alexaのような音声インターフェースを構築可能に

0
498

 
 
 
IBMは、音声認識仮想アシスタントを構築しようとする企業向けに、新しいサービスであるWatson Assistantを発表しました。

アマゾンのアレクサのような音声アシスタントが新しいアリーナに統合されています。 IBMは、会話型インターフェースの普及に際し、企業がAlexaやSiriよりWatson Assistantを選択すべきであると信じています。つまり、ブランディング、パーソナライゼーション、およびプライバシーで優秀だと考えています。



IBMのWatsonアシスタント

まず、Watson Assistantはホワイトラベル製品です。つまり「OK Watson」のような目覚めの言葉はありません。企業は、アマゾンやアップルに領域を引き継ぐのではなく、自分の製品としてWatsonを加えることができます。

第二に、クライアントは自分のデータセットを使用してアシスタントを訓練することができます、IBMは他のアシスタント・テクノロジーよりも関連するアクションやコマンドを追加する方が簡単だと言います。 Watsonアシスタントの各統合は、データをそれ自身に保存します。つまり、大企業は複数のドメインにわたるユーザー活動に関する情報をプールしていません。

「Alexaを通じて世界全体を動かすことができれば、1つの会社に与えるデータとコントロールは膨大な量になる」とIBMのWatson IoT副社長、Bret Greensteinはかたりました。今週のケンブリッジ・アナリティカとFacebookのスキャンダルを見れば、強力な仲介者の手に渡ってデータを保持することの利点を知ることができます。

IBMはすでにWatson Assistantのためのパートナーを確保しています。 1つはハーマンで、マセラティのコンセプトカーの音声アシスタントを構築しています。ワトソンアシスタントが空港の訪問者と会話をするPepperロボットや、スマートホームカンパニーのカメレオンテクノロジーズ(Chameleon Technologies)では、音声技術がスマートホームメーターなどで使われています。

これらの統合が本当に役に立つかどうかは明らかではありません
Google AssistantやAlexaを使用している人は、これらの製品がどれほど矛盾しているかを知っています。そのため、専門性のない企業は、既製のサービスに適応する際に、シニカルな見方をするために、音声コントロールを採用しているように思えます。

ここにある基盤技術は従来からあるものであることに注目する必要があります。ワトソン・アシスタントは、既存のIBM製品であるWatson ConversationやWatson Virtual Agent、および同社の言語および会話分析APIからチェリーピックされ、作成されています。これらはすでにチャットボットの作成に使用されていますが、Google、Microsoft、Amazonから提供されているものに比べて特別な利点はありません。