Insta360 ONEのレビュー、iPhoneに接続できる、おすすめ360度の4Kビデオカメラ

0
479

Insta360 ONEカメラは、360度の4Kビデオカメラで、iPhoneのLightningソケットに装着して使います。iPhoneに装着してつかうこともできますし、セルフスティックにInsta360 ONEカメラをつけて撮影し、iPhoneに撮影した映像を送ることもできます。

Insta360 ONEカメラを使うと、360度の4Kビデオカメラで、珍しい、魅力的なビデオを撮影することができます。

ルック&フィール

カメラは長さ4インチ弱、幅1.5インチ、深さ1インチのもので、重さはわずか3オンス未満です。どんなポケットにも入れられ、簡単に持ち運びができます。

カラーは黒で、マット仕上げの外観と光沢のある表裏面があります。一方の側にロゴと ‘4K UHD’モチーフがあり、他方にはInsta360 ONEラベルがあります。一番下には、カメラの充電用にmicroUSBソケットと、iPhoneと接続するためのLightningプラグ用ソケットがあります。端にはmicroSDカードスロット(8GBカードが付属)と三脚マウントがあり、反対の端にはマイクがあります。

最後に、正面の端に360度カメラレンズがあります。

仕様

Insta360 ONEは、iPhone X、iPhone8 / Plus、iPhone 7 / Plus、iPhone 6s / Plus、iPhone 6 / Plus、iPhone SEと互換性があります。 iPad Air 2のすべてのiPadでも動作します。

カメラは24MP静止画を撮影し、次の3つのビデオフォーマットから選択できます。

  • 3840×1920 @ 30fps
  • 2560×1280 @ 60fps
  • 2048×512 @ 120fps

microSDカード(最大128GB)に映像をキャプチャし、YouTube、Facebook、Periscope、Twitter、Weiboに4Kでライブストリーミングすることができます。

カメラの反対側に2つのf / 2.2レンズを持っていて、完全な360度ビューを提供しています。センサーはソニーの1 / 2.3インチCMOSセンサーです。また、安定化のために6軸ジャイロがあります。

カメラの底面には、フリップアウトのライトニングコネクタと、標準の三脚マウントがあります。一番上には、電源/機能ボタンの組み合わせがあります。

仕様上、バッテリ寿命は70分です。レビューでは、1回の充電で約1時間の使用が可能のようです。

使用温度範囲は14-113F / -14-45Cです。オプションの完全防水ケースがあります。

Insta360 ONE専用アプリはスマートトラック機能を提供します。スマートトラック機能は、最初に撮影してから人や車をタップすると、デフォルトのビューが表示されます。最後に、別のものをタップしてデフォルトビューを向ける「ピボット」ビューがあります。

オプション

アップルストアには、保護ケース、ミニ三脚、セルフスティック、ショット用の独占バンドルがあり、カメラを回転させてドローンのような映像を撮影できます。

使用感

iPhone経由で撮影するには、Lightningプラグを使いiPhoneに接続するだけです。iPhoneに差し込むと、自動的にカメラの電源が入り、アプリが開きすぐに撮影を始められます。これはストックカメラアプリと同じように、デフォルトでフォトモードになり、ビデオカメラアイコンをタップするとビデオモードになります。

iPhoneに直接さして撮影できることは一つのおすすめポイントですが、360ビデオの撮影は、ほとんどの場合、頭上から取られるため 、Insta360 ONEカメラをセルフスティックに設置して撮影する方法がおすすめです。

セルフスティックは、カメラの右側にある三脚マウントに装着でき、垂直モードで使用します。カメラの向きはビデオキャプチャと違いはありません。このモードでは、ボタンをタップするとスイッチがオンになります。

ひとつの不満は、ポケットから取り出したり、もう一度カメラを置いたりするときに、偶然カメラをオンに切り替えてしまう可能性があることです。

スイッチがオンになり、ボタンをタップすると写真が撮られ、ダブルタップでビデオが撮影されます(緑のLEDが点滅します)。トリプルタップのデフォルトはセルフタイマー写真ですが、アプリでこれを設定できます。

撮影した写真、動画の表示

Insta360 ONEアプリで映像を見たり編集することができます。編集が完了したら、映像を共有するために、いくつかのオプションがあります。

  • Insta360コミュニティ
  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • YouTube
  • ライン
  • メッセンジャー
  • Twitter

iPhoneの写真アプリにも撮影した写真、動画を保存できますが、これは360度のビデオとして認識されないので、奇妙に歪んだパノラマ動画になってしまいます。

デスクトップPCでは、マウスを使用してビデオを左右、上下にスクロールできます。モバイルでは、指で同じことをすることができますが、直感的な操作方法は、iPhoneやiPadを見たい方向に向けるだけです。

サンプル映像

Youtubeアプリから視聴すると360動画を楽しめます。

Insta360は静的なカメラとしても使用できます。



映像を共有する

ほとんどのビデオ共有プラットフォームは360度のビデオを認識できるため、球面画像をアップロードするだけで視聴者が視点を制御できるようになります。

上のサンプルは、ご覧のように、YouTubeの動画です。

複数のカメラをシミュレートする

360度の映像でできることはもう1つあります。これは複数のカメラアングルをシミュレートできます。現在のバージョンのFinal Cut Pro Xのように、360度対応のビデオエディタに撮影した映像を読み込むことで、球面映像を効果的に一連のワイドアングルフラットクリップに変換できます。これは、無料のInsta360 Studioアプリで可能です。

欠点

最大の欠点は、iOSアプリです。リリース版はずっと安定していますが、まだバグがあります。iPhone Xを使用しているときなど、4Kビデオをスクロールすると非常に遅くなります。

まとめ

Insta360 ONEカメラはおよそ3万円台から購入でき、Apple Storeのバンドルでは4万円ほどで利用可能です。付属品はこちらになります。

  • カメラ
  • 保護ケース
  • セルフ・スティック
  • ハンドル
  • ミニ三​​脚
  • MicroSDカード
  • MicroUSBケーブル
  • レンズクロス