YouTubeアプリのアップデートにより、iOS 11のバッテリードレインバグの修正を約束

2週間前に、YouTubeアプリで動画を再生する際に、多くのiPhoneユーザーとiPadユーザーが重大なバッテリーの問題を抱えていることが報告されました。デバイスは不自然に暖かくなり、バッテリーが異常に消耗します。今日のApp Storeで見られるYouTubeアプリのアップデートでは、この問題の修正が約束されています。

YouTubeのアプリには、iOS 11やアプリのコード自体の電力使用量を大幅に増やしたような問題がありました。

15分のクリップを見るとiPhoneのバッテリーの10%以上を使用され、温かくなることがあるという人が多くいました。

今回、リリースされたYouTubeアプリのバージョン12.45のリリースノートには、「バッテリの使用に関する問題が修正されました」と記載されています。

最新のYouTubeアップデートを使用して30分間のクリップを見ていると、iPhone Xに異常な影響はありませんでした。修正されている確証にはなりますが、これは少なくとも良い兆候です。