シャープから、エッジ・ツー・エッジのスクリーン・デザインの小型スマートフォン、Aquos S3 Miniが登場

0
268

シャープは、今日、エッジ・ツー・エッジのスクリーン・デザインで低予算のスマートフォン、Aquos S3 Miniを発表しました。

Aquos S3 Miniは、本質的にシャープが長年使ってきたデザインを採用しています。Aquos S3 Miniは、また、狭いベゼルと正面のほぼ全面がディプレイというという際立って特徴的なデザインになっています。しかし、残念な点は、シャープは過去数年間で全体のデザインをあまり変えていない。



Aquos S3 Miniは、エッジ・ツー・エッジのスクリーン・デザイン

Aquos S3 miniには5.5インチの湾曲したガラスのディスプレイがあり、iPhone Xのようにノッチがあります。画面対ボディの比率は87.5%で、解像度は1080pをわずかに上回ります。クアルコムSnapdragon 630プロセッサで動作し、6GBのRAM、64GBの内蔵ストレージ、および3,020mAhのバッテリを搭載しています。

Android 7.1 Nougatを搭載しており、USB Type-Cポートを備えたデュアルSIMデバイスです。16メガピクセルのリアカメラと20メガピクセルのセルフ・カムを持ち、ポートレート・モードを備えています。また、顔認識と指紋センサーが画面の下にあります。 Sharpは、いずれの方法も、0.1秒で電話のロックを解除できるといいます。

カラーはブラック、ブルー、またはゴールドがあります。