Googleアシスタントで、ついに特定の連絡先に送金できる機能が登場!

0
118


Googleでは、Google Assistantを使用してピアツーピア送金を行う機能を導入しています。(現在は、米国のみで利用可能です。)、iPhoneとAndroidのユーザーは、「〇〇に $ 2を送ってください」と言うと、アシスタントはGoogle Pay経由で送金する方法を順を追って表示します。受取人は、Google Payを設定して送金を受け取ることができます。



Googleアシスタントで、送金できる機能が登場

今年1月、GoogleはGoogle Payシステムとの統合により、Google Wallet / Android Payの混沌状態をついに終わらせました。混乱はまだ残っていますが、今後数か月間は、ピアツーピア支払いのためのアプリ「Google Pay Send」が引き続き提供されます。

しかし、アシスタントで新機能を使用するには、Google Payの変わった歴史を理解する必要はありません。 Gmailの$ボタンでお金を送ったことがある場合は、既にGoogle Payアカウントが設定されている可能性が高いため、Google Assistant内でGoogle Payをすぐに使用できるようになります。

 
Googleペイアカウントをもっていない場合は、初めて送金するときにアカウントを設定するように求められます。アシスタントと送金のやりとりでは、指紋やGoogleのパスワードなど、声紋以外の認証が必要です。

Google Homeスマートスピーカーによる支払いは「今後数か月」内に利用できるようになるようです。スピーカーとの会話のなかで、どのような認証や確認が必要かはまだ不明です。

Googleは昨年5月にGoogle Payment API for Assistantを発表し、リリースしていますが、Google Pay の再ブランド設定はその勢いを再び取り戻す役割を担っています。

アシスタントのピアツーピア決済システムは、Googleがインテリジェントなアシスタント機能で、Appleの後を追うまれなケースです。 Siriでは、誰かにお金を送るよう依頼することができ、Apple Pay、Venmo、またはSquare Cashを使用するか尋ねられます。現在、Google AssistantはGoogle Payのみを使用できます。