Facebookだけがプライバシー情報を流出しているわけだはない!5つのツールでプライバシーを守る!

0
231

現在、ケンブリッジアナリストのスキャンダルで、プライバシーデータを第3者に流出してしまっているFacebookは、大きな問題となっていますが、ネットサーフィンでユーザーを追跡しているのは、Facebookだけではありません。

個人情報をオンラインで非公開にするにはどうすればよいでしょうか?プライバシーを保護 できる5つのツールをご紹介します。



5つのツールでプライバシー保護

FirefoxのFacebook Container機能

Mozilla Firefoxの新しいブラウザの拡張機能には、Facebookなどのプライバシー保護機能が搭載されています。「Facebook Container」と呼ばれ、ソーシャルネットワークをタブ内に限定して保持しているため、オンラインでの行動をすべてFacebookが追跡することはできず、Facebookだけを引き続き楽しむことができます。 Facebook上でFacebookが特定のユーザーデータを取得するのを止めることはできませんが、ユーザーが訪れた他のWebサイトをチェックし、それに応じてターゲット広告を作成することは難しくなります。

Ghostery

Ghosteryは、700万人のユーザーが使用し、デスクトップとモバイルの両方のWebブラウザに対応した、オープンソースのプライバシーと広告ブロックツールアプリです。これは、ネットサーフィン中に、サードパーティ製のJavaScript「タグ」と「トラッカー」が追跡することをブロックする機能を提供します。

また、各サイトに存在するトラッカーのリストを見ることができるので、リストから承認またはブロックすることができます。

brave ブラウザ

Braveは、GoogleのChromeと同じChromiumブラウザ上に構築された超高速の広告とトラッカーをブロックするウェブブラウザですが、広告主がウェブ上でユーザーを追跡するトラッキングCookieを削除してくれます。

CCleaner

CCleanerは、これまでのツールとは少し異なります。これはブラウザの拡張機能ではなく、不要なファイルや冗長なファイルをPCやMacから削除するソフトウェアです。

CCleanerには、無効な拡張機能、未使用のヘルプファイル、などを検索し、基本的にコンピュータのクラッシュを防ぐ問題を修正できます、一時的なインターネットファイル、ダウンロード履歴、などもその対象です。 定期的にクッキー情報をクリーンにすることで、ユーザーの追跡を不可能にすることができます。

uMatrix

uMatrixは最初に起動すると複雑に見えますが、慣れていくと深みがあります。これは別のブラウザ拡張トラッカーブロッカーですが、「経験豊富なユーザー向け」に設計されています。

ChromeとFirefox用に用意されているuMatrixは、さまざまなスクリプト、クッキー、画像などを組み合わせて、さまざまなサイトをブラックリストに登録したり、ホワイトリストを作成することができる複雑なコントロールボードを提供します。