Appleがモバイルエンタープライズ市場を支える5つの理由

0
236


最近、AppleのCFO Luca Maestri氏は、ハイテク企業が「3月期の新しい企業売上げ高記録を実現し、この勢いは今年の残存期間も続くと予想している」と発表した。アップルは時価総額で8000億ドル(これまでのアメリカの最初の企業)、2015年にTim Cookは、推定年間企業収益が250億ドルに達したと述べた。エンタープライズ市場がその技術巨人にとってどれだけ大きな収入源であるか驚くかもしれません。

Appleがモバイル事業で他者よりも勝つ5つの理由があります。



1.モバイルセキュリティの強化

Androidの問題は常に断片化されています。世界的なスマートフォンOS 市場の64%を超えています。それはAndroid OS世代のはばも広大です。いくつかはひどく時代遅れです。実際、Android搭載端末の8%未満が最新バージョンになります。

ここで問題となるのは、古いバージョンのAndroidはマルウェアの影響を受け取りやすいということです。1つの情報源によってより、10秒ごとに新しいAndroidマルウェアが検出されます。しかし、AppleのOSはこれですと同レベルの断絶を体験してしまった、iOSを実行するほほんどのデバイスが最新のバージョンを実行している。

これに加えて、一般に、iOSデバイス上に発見されるマルウェアの数はまだまだ少ないですが、セキュリティを意識している企業は、ビジネスのためにAppleのデバイを選択することができます高まっています。

2.より長いデバイドサポート。

スマートフォン、タブレット、ラップトップを常に従業員のために更新する時間とお金を費やすことを望んでいる企業はありません。モバイル環境では、このプロセスはITの頭痛からパッチを当てることのまっすぐな悪夢、新しいデザインをオンラインにすること、またはトラブリングシューティングの範囲に及ぶ可能性があります。Androidデバイスは、誰でも覚えていることができるので、いったん更新更新を受けています。Google独自の携帯電話(NexusまたはPixelライン)であっても、サポートは2年間のOSアップデートと3年間のセキュリティパックに限定されています

一方、アップルのデバイスは、はるかに長いサポートを提供しています。上にリンクされた記事は、2012年にリリースされたiPhone 5のセキュリティアップデートの継続的なサポートを示しています。したがって、モバイルデバイスが数百台あるエンタープライズを実行している場合は、2年ごとに更新するか、5年後でもこれらのデバイスは引き続きサポートされますか?ここではあまり考えられません.Android(およびWindows)が競争したい場合は、少なくともその主要デバイスのソフトウェアサポートを増やす必要があります。



3. BYODは新しい現実

もちろん、一部の企業では企業所有のハードウェアを完全に宣言しており、従業員には自分のデバイスを持たせるという理念が採択されています。実際、この市場の動向は350億ドルのチューニングでかなり人気を集めており、数年後には倍増する見通しです。しかし、世界中のほとんどの人がAn​​droid搭載端末を使用しているので、これはAndroidに有益なものではないでしょうか?そんなに早くない。私たちはここでエンタープライズ市場を話していますが、高所得層の人々がiPhoneを所有する可能性が高いということはまだありません。

2年前の時点で、iPhoneとiPadは依然としてエンタープライズBYOD市場を支配していました。アップルは自宅で消費者を浸透させるのに成功しているので、BYODの動きはビジネスセクターにその成功を導くだけです。Appleの競合他社は、Appleがすでに所有している2つの異なる面で戦うのに苦労するだろう。

4.大きな企業のパートナーシップ。

マエストリはアナリストとの最近の会話でいくつかの大きな名前落とした

  • フォルクスワーゲンは企業のスマートフォンとしてiPhoneを標準化した。
  • キャピタルワンは従業員用のMacとApple Watchesを購入しています。
  • Deloitteは新しいAppleの実践に5,000人を割り当てました。

SAP。シスコ。もちろん、IBMの「MobileFirst for iOS」は、それらの中で最大のものです。エンタープライズの企業は、Appleのハードウェアとソフトウェアを使ってモバイル向けの先進的な環境を整えています。

Appleは企業市場を支配する同社の努力であるMobility Partner Programを推進することで、これを企業にとって非常に簡単にしている。Appleはそれがここで主導権を持っていることを知っている、そして彼らはパックよりも先に滞在することを確認するためにすべてのストップを引き出している。

5.アップルのブランドはまだ切望されている。

最先端の技術を持っている人たちの目にも、Appleのブランドは依然として技術の支配的な王です。Apple Watchはちょうどいい例で、エンタープライズ企業とのニッチを見つけたのです。そのため、彼らは時価総額で8000億ドルを超えました。だからこそ、シリコンバレーの誰もがMacBookを使います。そのため、企業は依然としてApple製品を使いたいだけです。

 

Appleは今後数年間、エンタープライズの領域を支配するだろうと言います。Appleが1兆ドルの時価総額を達成する事をを望んでいます。