フィッシュロボットは、科学者が海の生物の生態を探索するのに役立つ!

0
132

それは魚のように見え、魚のように動きますが、確実にロボットです。その名前はSoFi(柔らかいフィッシュロボットの略)で、MITのコンピュータサイエンスとAIラボCSAILのクリエイターが開発した、最も汎用性の高いフィッシュボットです。カメラが内蔵されているので、科学者は、SoFiを使って海の生物に迷惑をかけずに近づけることができます。うまくいけば、観測されたことがない海の生物の生活をより深く理解することができます。



フィッシュロボットは、科学者が海の生物の生態を探索するのに役立つ

SoFiは、科学的用途のために設計された最初のロボット魚ではありませんが、ユニークで特徴的な機能を兼ね備えています。

SoFiのハウジングはモールドや3Dプリントプラスチックで作られています。つまり安価で製造が簡単なロボットになっています。SoFiの内部には圧縮空気で満たされた浮力タンクを備えています。また、コントローラーから命令を送信するためにコード化されたオーディオバーストを使用するカスタム制御システムもあります。 SoFiは半自律的に泳ぐことができ、特定の方向に進むことができますが、操縦者は、SNESコントローラを使用して左右または上下に操縦できます。

最も重要なのは、SoFiの推進システムです。これは、テールフィンを前後に動かして、内部チャンバの内外に水を送り出す強力な油圧アクチュエータです。これは、潜水艦のようなプロペラを使用するよりも静かで、鋭い可動部分がなく、より優れた迷彩になるため、油圧式の尾翼は静かで、本物のように見えます。

Science Robotics誌に掲載されたSoFiの論文によれば、SoFiは、水中の魚の群衆混じって泳ぐことができていると述べています。 CSAILのDaniela Rus氏は、「SoFiは本当の魚達と一緒に泳ぐことができました。これは、人間のダイバーが近づいたときとはまったく異なる反応です。」と語っています。

実際の動物の形や動きを模倣したこのようなロボットデザインは、バイオミメティクスとして知られています。それは、虫のような大腸内視鏡ロボット、捜索救助ミッションで一緒に飛び回るゴキブリ型のボット、ウミガメからクラゲまでのすべてのインスピレーションを得て作られた様々な海洋生物ロボットなどがあります。

しかし、Rusは、以前の生体模倣ロボットと比較し、SoFiは完成品であると述べています。 「これは海洋生物学を研究するための特別なツールとなりうる」と語理ます。水中に生息する動物の生態を知るためには、より多くのデータを収集する必要があります。SoFiはきっとその調査の助けになるはずです。

Rus氏と同僚たちは、ライブストリーミングビデオを撮影できるSoFiのアップグレードを既に計画しています。