HTCの新しいDesire 12の携帯電話、紫と金の独特のカラーで登場!

0
212


HTCは、Desire 12とDesire 12 Plusという新しいミッドレンジスマートフォンを発表しました。携帯電話はそれぞれ5.5インチと6インチで、その最も顕著な特徴は、おそらく仕様ではなく、写真から判断すると、紫と金の独特のカラーにありそうです。



HTCの新しいDesire 12

Engadgetの報告によると、Desire 12とDesire 12 Plusは1440×720 IPS LCDパネルの18:9ディスプレイを備えています。電話機本体は、ガラスの代わりにアクリルを使用し、HTC U11の「液体表面」設計を模倣するように構築されています。The Desire 12は、2GBまたは3GBのRAM、16GBまたは32GBの拡張可能なストレージ、最大2TBのmicroSDカードスロットとともにMediaTek MT6739チップセットを提供します。 Desire 12 Plusには、Snapdragon 450プロセッサ、3GBのRAM、32GBの拡張可能なストレージ、および同じmicroSDカードスロットが搭載されています。

Desire 12と12 Plusはともに、背面に13メガピクセルのカメラを搭載していますが、12 Plusにはポートレート効果のための2メガピクセルのレンズもあります。正面を向いているカメラは、それぞれ5メガピクセルと8メガピクセルの仕様です。どちらも顔検出機能があります。

携帯電話には3.5mmのヘッドフォンジャックと充電用のマイクロUSBポートが付属しています。バッテリーは、小さいDesire 12は2,730mAhの容量、12 Plusはより大きな2,730mAhのバッテリーを搭載します。 12 Plusには、背面に取り付けられた指紋センサーがあり、標準のDesire 12にはない機能です。顔検出機能は搭載されているが、iPhone Xと同等とはいいにくいです。。

HTCは携帯電話の価格、発売日、地域の入手可能性、色の種類などの詳細は確認されていないが、ゴールドは間違いなくオプションとなることをEngadgetに認めている。