Logitech、Apple Pencilの代わりに安い49ドルのCrayonスタイラスを発表

0
2341

Logitechは、手の平排除、サブピクセル精度、傾きをサポートした、Apple Pencil技術を搭載したLogitech Crayonスタイラスを正式に発表しました。

圧力感受性をサポートしていないようですが、劇的に安価です。 Crayonは今年の夏に49ドルで販売されます。



Logitech、Apple Pencilの代わりに安いCrayonスタイラスを発表

これは$ 10ほどの容量性スタイラスではありません。 AppleとLogitechは協力して、多くの点でApple Pencilに匹敵する仕様を実現しています。

パームリジェクション、精度、傾きの機能はApple Pencilと同等の機能になっているようですが、Crayonのデザインはいくつかの重要な点で異なります。Crayonは円柱のような平らな形ではないので、テーブルをすべりおちることはありません。

また、子供に優しいように設計されています。ペン先はプラスチック製のサラウンドで覆われており、専用の工具を使用して取り外し可能です。もう一方の端では、ラバーキャップはCrayonに接続できるので、紛失することはありません。

デバイスの互換性も興味深い点です。最初の発表では、新たに発表された$ 329のiPadであるiPad(第6世代)のサポートのみが記載されており、CrayonがiPad Proをサポートしているとは明言していない。

Logitech Crayonは、新しいiPad用に設計された最初のデジタルペンシルで、Apple Pencilの技術を活用して、サブピクセル精度、低レイテンシー、ティルトのサポートを学生向けに最適なデザインで提供します。 iPadは手のひらを認識しない技術を備えており、伝統的な鉛筆や紙のように、学生が自然に書くことができるように、Logitech Crayonとディスプレイ上に置かれた手の違い検知して、描写します。

Apple Pencilとは異なり、Crayonには女性のLightningポートがあります。アダプタなしで、iPadからライトニングケーブルで充電することができます。しかし、スタイラスをiPadに直接差し込んで充電できるという利便性はありません。

Crayonのバッテリーは、1回の充電で8時間使用できます

ペアリングも若干異なります。クレヨンは実際にボタンを備えています。それを2秒間押すとiPadに即座に接続されます。それが接続されているときに知らせるミニLEDステータスライトも搭載しています。バッテリーが少なくなったときには、赤く点滅します。

今日、Appleは教育用のユーザーにApple Pencilを89ドルで販売すると発表しました。その割引でも、Crayonはさらに45%安くなります。

残念ながら、すぐに一般ユーザーにリリースはされないようです。 Logitechは、Appleの教育購入プログラムを通じて、学校や地区むけに販売されることを宣伝しています。

普通の消費者として購入することができる時期がいつになるかは発表されていません。

Rugged Combo Caseの新しいバージョンもあります。教育に特化した新しい第二世代アクセサリには耐性の高いキーキャップが含まれています。また、こぼれにくく、キーは静かです。

また、この新しいケースには、キーボードとiPadを同期させて充電するための独自のLightningパススルーコネクタが含まれています。このケースは、今年後半に発売され、99ドルの価格になります。