ロシア、Telegramにユーザーの暗号鍵を渡すよう命令

0
272

暗号化されたメッセージングアプリ・テレグラムは、ブルームバーグによると、米国連邦安全保障局(FSB)がユーザーデータにアクセスすることを禁止した反面、ロシアの最高裁判所は、Telegramにユーザーの暗号鍵を渡すよう命令判決をくだした。



ロシア、Telegramにユーザーの暗号鍵を渡すよう命令

昨年、FSBはTelegramに暗号鍵を共有するよう頼んだが、Telegram社はこれを辞退し、14,000ドルの罰金が科せられました。今日、最高裁判所のAlla Nazarova裁判官は判決をくだし、テレグラムの訴えを否認した。

テレグラムが準拠していないと判決された場合、それは別の罰金に直面する可能性があり、サービスをロシア、最大市場の一つで停止する可能性さえあります。テレグラムの弁護士によると、サービスを実際に停止するためには、通信規制当局ロスコム・アザーゾルの別の裁判所判決と措置が必要となるだろう。

2016年に、ロシアはテロとの戦いのための法律を制定しました。これは、当局にユーザーの対応を暗号化して伝えられるメッセージングサービスを必要としました。テレグラムはこの決定に異議を唱えたが、FSBの立場は、暗号鍵へのアクセスは個人に関する情報を含んでいないため、ユーザのプライバシーに違反しないとしています。

弁護士であるRamil Akhmetgaliev氏は、暗号鍵は憲法によって保護されている個人情報とは見なされないというFSBの主張は狡猾であると述べている。

テレグラムは最近、初期のコイン・オファリング(ICO)を開始する準備として8億5,000万ドルを調達し、総額16億ドルを上回れるようプライベート・プリセールを行う予定です。同社は、テレグラム・オープン・ネットワーク(Telegram Open Network)と呼ばれるものを提案しています。TONは、アプリ、サービス、およびデジタルおよび物理的な商品のストアを備えたEthereumのようなエコシステムです。