RhinoShieldのレンズと、モーメントの高価なレンズを比較レビュー

0
177

スマートフォンに取り付け可能なレンズとしては、モーメントレンズは、1本あたり90〜100ドルでトでとても高額ですが、ありがたいことに、バンパーケースのメーカーであるRhinoShieldは、わずかな25〜60ドルでスマートフォンレンズで提供しています。

ここでは、両社のレンズを比較し、そちらの性能がいいか、利便性も含めて比較してみました。



RhinoShieldのレンズと、モーメントのレンズを比較

プロのDSLRカメラやミラーレスカメラとは異なり、スマートフォンに別のレンズを取り付けて、異なる写真を撮ることはできません。その代わりに、モーメントとRhinoShieldの両方が独自のケースを製作し、ハンドセットの異なるカメラでレンズを追加できるようにしています。

モーメントのケース


モーメントのケースはかなりシンプリシオですが、エキサイトするようなデザインではありません。ゴムのエッジとハードシェルを備えており、非常に基本的な滴や衝撃から携帯電話を保護します。ケースの主な機能はレンズマウントです。その部分にはエレガントなノッチシステムが装備されているため、各レンズを素早く確実にカメラの上に装着することができます。

 



RhinoShieldのケース

RhinoShieldのケースは反対に衝撃からの保護を目的としたケースです。11フィート以下からの落下から携帯電話を保護するための「カスタムポリマー」と保護技術を備えています。

RhinoShieldの一般的なケースは、より安全ですが、RhinoShieldのレンズマウントシステムは安全に装着cが難しいものになります。レンズを所定の場所に装着すると、レンズは安全に固定されますが、レンズを取り外す時は、レンズを落としそうになるほど不安定です。

レンズをSolidSuitケースに取り付けるには、レンズアダプター$ 5を購入する必要があります。それがあると、アダプターはケースのカメラカットアウトに分割され、定位置に納められます。

 

レンズの比較

一方で、モーメントとRhinoShieldのレンズには多くの違いがあります。モーメントレンズは、アイテムを構成する金属とガラスなどの重さだけですぐにプレミアム品質を感じられます。

RhinoShieldのレンズは、プラスチック製のビーズと共に金属とガラスを使用していますが、同じプレミアムな感じはありません。

RhinoShieldには、使用していないときにレンズを保護できる小さなプラスチックキャップが付属しています。

次に、RhinoShield大きな0.6x広角レンズの他に、ガラスとレンズ本体を覆うゴム製のレンズキャップが含まれています。これは、ガラスを保護するのには優れていますが、どのレンズかを示す文字がキャップに書かれているため、各レンズを識別するために役に立ちます。基本的に、特定のレンズを探したいときは、RhinoShield以外のレンズでは、キャップをわずかに持ち上げてから、中身を見てどのレンズか判断する必要があります。

広角撮影

両社が販売するレンズの大部分は広角です。これらを使用すると、より多くのシーンをキャプチャできますが、フレームを少し歪ませてとれるものもあります。モーメントは、18mm幅のレンズと170度の「スーパーフィッシュ」レンズを販売しています。 RhinoShieldは、0.6倍の広角、0.65倍の広角、および0.4倍の広角レンズを提供します。

下は、さまざまな広角レンズすべてを使って撮ったシーンの写真です。

RhinoShieldのレンズは、曲率の大きい伝統的な魚眼レンズのように感じられますが、端にケラレが発生しました。

また、RhinoShieldには望遠レンズが付いています。この60mmレンズを使用すると、スマートフォンに通常表示されるものに比べて、デジタルでズームインする必要なく、「ズームイン」することができます。残念ながら、下の写真から分かるように、各画像の周りにはかなり目立つビネットが出ます。

まとめ

モーメントは、高品質の素材、プレミアムグラスで撮影の視点から考えると、よりカメラ撮影用のレンズに近かく、ケースというよりは、レンズに重きがあります。一方、RhinoShieldはユニークな使い道に焦点を当ていて、様々なレンズを使いたい人向けです。