Tesla オートパイロットは、最新のソフトウェアアップデートでオーナーに感動をあたえる

0
483

テスラは、先週、新しいオートパイロットアップデートを開始しましたが、テスラの半自律型ドライバーアシストシステムがすばらしく改善したと、所有者から多くの動画が投稿されています。

アップデートはより多くのテスラの所有者にリリースされており、新しいソフトウェアを徹底的にテストすることができ、最新のバージョンのオートパイロットを動画でわかりやすく紹介しています。



Tesla オートパイロットが最新のソフトウェアアップデート

この更新はAutopilot 2.0 / 2.5で動作し、レーン検出の大幅な改善などがあるといいます。

TeslaのAndrej Karpathy氏がTeslaのコンピュータビジョンチームのリーダーシップを引き継いだあと、これが最初の大きなアップデートです。

彼は、この新しいバージョン(2018.10.4)をドライバアシストシステムの「かなり広範な書き換え」と呼んでいます。

オーナーの1人は下のコメントでこのオートパイロットのアップデートを絶賛しています。

このバージョンの大きな改善点は、レーンのセンタリングが大幅に改善されたようです。旋回は、一般的には車線内にとどまっていますが、よりシャープになり、レーンの中央に車を置いています。速度制限兆候、地方車線変更、または隣接車線内の車両の表示はまだありませんでしたが、大きな改善の1つの領域は、停止した車の検出でした。車はHW2で以前よりもはるかに早く停止し始め、ゆっくりと快適に停止しします。

このアップデートで、システムパフォーマンスを撮影した素晴らしいビデオ投稿がありますのでご紹介します。