FAAは、今後5年間で商業用ドローンの大幅な増加を予測

0
187

米国の規制当局は、急成長するドローン業界に対し、今後5年間で、商業用ドローンと飛行機の数が4倍になると予想しています。

先週発表されたFAA番号の数値では、現在の約11万台に対して、ドローン航空機が2022年までに44万台になると予測していおり、その増加は、ドローンの連邦規制が成長過程で緩やかに緩和されたとしても、予想を大きく上回る数値となる。

同局はまた、商用ドローンの登録パイロット数も確認しており、現在は、過去の30万人を上回り約7万人が増加している。 この結果から、FAAは、商業用ドローンとそのパイロットの数が、飛行機パイロットと関連する有人航空機の合計数を大幅に上回ると予想しています。

ドローンの規制緩和がホワイトハウス、FAA、業界関係者の見通し通りに実施された場合は、全米の一般航空機の約3倍、今後10年間で60万台を超える数になる可能性があります。