Chrome 64がリリース!CPU軽減、ポップアップブロッカーの改善、サイトワイドオーディオミューティング

0
502

Chrome 64は、メルトダウンとSpectre CPUの脆弱性の影響を軽減するために、修正版をMac、Windows、Linuxに公開しました。開発者の変更やその他のセキュリティ上の修正に加えて、ポップアップブロッカーの改善やサイト全体のオーディオミュートなど、新しい機能が追加されました。

Chrome 64について

Chrome 64のV8 JavaScriptエンジンに対する軽減策は、サイドチャネル攻撃から保護します。 Googleは将来のリリースで追加の緩和策と強化策が追加し、「パフォーマンス上のペナルティ」が発生する可能性があると指摘しています。

Chrome 64で改善されたポップアップブロッカーは、不本意にクリックされた再生ボタンやサイトコントロール、または透過的なオーバーレイや、偽装されたリンクが新しいタブやウィンドウを開くのを妨げるような、悪質なサイトを防ぎます。

ブラウザはまた、ページに埋め込まれた第三者のコンテンツからの悪意ある自動リダイレクトを防御しています。ユーザーが直接インタラクトしていない限り、Chromeはサードパーティのiframeをブロックするようになりました。

このバージョンでは、より一貫性のあるメディア自動再生があり、Googleのプッシュの一環として、新しいサイトワイドオーディオミュート設定も追加されています。アクセス権のドロップダウン(URLバーの情報アイコンまたは緑色のロックをタップ)にあり、ユーザーはサイトごとに健全な動作を設定できます。

一方、このバージョンでは、Windows 10 HDRモードのときのHDRビデオ再生をサポートしています。 Windows 10 Fall Creator Update、HDR互換のグラフィックスカード、およびディスプレイが必要です。

Chrome OSには、タブレットモードでマルチタスクを改善するための「スプリットビュー」機能と、コンバーチブルでスクリーンショットを撮るためのAndroidのようなボタンの組み合わせ(音量低下+電源キー)を簡単に有効にするフラグなど、数多くの新機能が追加されます。バージョン64では、Androidアプリがバックグラウンドで実行可能であると検出されました。

デスクトップとAndroid用のChrome 64がご利用いただけます。まもなくChrome OSが登場します。