Amazon Alexa、応答をビープ音に置き換えるのための「ブリーフモード」をテスト中

0
325

Tech企業は、ユーザーがボイスアシスタントとやりとりする方法をいくつか検討していますが、1つの選択肢として、ボイスチャットを減らす方法が考えられます。例えば、アマゾンは、Alexaデバイスで、仮想アシスタントと口頭での応答や確認をビープ音で置き換える、新しい「ブリーフモード」をテストしているようだ。

Redditのユーザーは、AFTVnews機能を利用し、初めてこの機能を発見しましたた。 Redditorは次のようにコメントています。

「私はAlexaにライトをつけるように頼んだだけですが、普通と同じように「OK」と返答しましたが、その後、彼女はこれが最後の返答になると言いいますた」。



Amazon Alexa、応答をビープ音に置き換えるのための「ブリーフモード

 

ブリーフモードは、コマンドの成功を知らせるためにビープ音を鳴らします。ここから、アマゾンがどのようにアプリを拡張するのか想像するのは難しくありません。

たとえば、特定の時間帯を「妨害しない」と設定すると、Alexaは夜遅く、早朝に非言語応答を自動的に使用します。


共通のコマンドのために口頭の応答を調整するオプションを持つことはよいことです。

Amazon Alexaが、ブリーフモードできることはたくさんあり、この選択がユーザーエクスペリエンスをどのように改善するかについて考えるのは、面白いことです。ちなみにこのモードでは、気味悪い笑いをはっすることは間違いなくなでしょう。