今後発売されるBluetooth搭載Google ChromecastではWi-Fi機能も強化

0
135

5月に、FCCは現在の第2世代モデルと類似したChromecastを追加しています。新しいデバイスはBluetoothを追加することが明らかになりましたが、改訂された提出内容によるとWi-Fiの改善も記載されています。



今後発売されるBluetooth搭載Google ChromecastではWi-Fi機能も強化

6月にFCCに提出されたいくつかの書類と報告書が公開されました。注目すべきは、もともと2018年5月4日に付与されたFCC ID A4RNC2-6A5Bに「Class II許容変更」を要求する「変更書簡」です。

5月に最初に提出されたものには、新しいChromecastの存在を明らかにする内容がありました。Googleは、提出されてから数か月後にそのドキュメントのハードウェア内容を修正しています。

その変更内容には、ストリーミングデバイスの場合、Wi-Fiルーターの最大アンテナゲインを上げるか、Wi-Fiルーターの「方向に送信する電力量」を増やしてWi-Fiパフォーマンスを向上させることを目的とした、5GHzアンテナへのハードウェア変更について詳しく記載されています。

この提出書類には、規制当局の安全性と技術的変化を記述するいくつかの報告書が添付されている。この提出書により、新しいChromecastは、2.4GHzと5GHzのWi-Fiに加えて、BluetoothとBluetooth Low Energyのサポートが追加されていることがわかりました。

FCCに提出された1つの図によると、新しいChromecastは、HDMIポートへ接続する既存の円形ドングルに似たデザインを維持する可能性が高いようです。さらに、Googleは、新製品をNC2-6A5B FCC ID(NCC-1701-B)で調整しながら、同じNC2-6A5スタートレックに似たモデル番号(NCC-1701)を使用しています。

2015年に第2世代Chromecastが導入されたことを踏まえ、Googleのストリーミングデバイスのラインナップはアップデートが予定されています。 Chromecast Ultraは、元のGoogle Pixelと並んで2016年に発売され、4Kテレビを目指していました。

この新しいモデルは、手頃な価格のエントリーレベルのChromecastデバイスのラインの後継機種となりそうです。一方、ブルートゥース、特にBLEの追加により、リモートコントローラやゲームコントローラのようなアクセサリが接続可能になる可能性があります。