Appleは、GDPRの法律を遵守するために、ユーザーのプライバシー制御を導入

0
351

ブルームバーグからのレポートによると、Apple社がそのデバイスとiCloudサービスでプライバシー保護を更新するというニュースを記載している。これらのアップデートは、Facebookが5月に開始されるデータプライバシーと新しいヨーロッパのデータプライバシー法に巻き込まれて対応したものになります。



Appleは、ユーザーのプライバシー制御を導入

アップルはブルームバーグと、プライバシー設定を更新するために、Apple IDを管理するための、新しい機能、より透明性の高いWebページを提供することを明らかにした。

iPhoneメーカーは、数ヶ月後にApple ID管理用のWebページを更新し、ユーザーは、会社に保存されているすべての関連個人情報データのコピーをダウンロードできるようにすると述べた。サイトでは、顧客が個人情報を修正し、一時的にアカウントを無効にし、完全に削除できるようにします。

現在、ユーザーが、すべてのデータを簡単にダウンロードは出来きません。ブルームバーグはまた、今日のAppleのiOS 11.3のリリースで、透過性を高めるための新しいプライバシースプ​​ラッシュ画面と、パフォーマンス調整をオフにするオプションについて説明しています。

ティムクック氏は、昨日MSNBC / Recodeとのインタビューで、FacebookのMark Zuckerberg氏について多く語っていた。

最後の主なトピックはプライバシーです。スウィッシャーとヘイズはFacebookの論争を巻き起こし、クック氏はZuckerburg氏について「私はこのような状況にはしない」と語って、聴衆の共感を得ていた。

クック氏はまた、法律が理想的ではないが、ソーシャルメディアのための何らかの規制が現在必要であるとの考えを再確認した。

Appleの新しいプライバシー設定は、EUの一般データ保護規制(GDPR)が5月25日に施行されることから、欧州のユーザーに最初に適用される。Appleは新機能を後で他の国のユーザーにも公開する予定だという。