Retinaディスプレイを採用した新エントリーレベルのMacBook、6月のWWDCでの発売予定?

0
135

今月初めに、KGI証券アナリストは、Appleが今年第2四半期中に、安いMacBook Airを発売するとの見通しを発表し、数日後の2つ目の報告書では、価格が\( 799または\) 899から始まるものになると述べています。



Retinaディスプレイを採用した新エントリーレベルのMacBook

DigiTimesは、Appleが6月のWWDCで、新しい13.3インチのエントリーレベルのMacBookを発売する予定であると報告している。 DigiTimesはノートブックを「MacBook」と呼んでいるが、それがMacBookやMacBook Airラインの一部であるかどうかは不明ですが、この新しいマシンは、更新されたMacBook Airファミリである可能性があるといいます。

DigiTimesによれば、新しいエントリーレベルのマシンが発売されるが、価格は現行のMacBook Air(999ドルから)と同じか少し上回り、マシンにはRetinaディスプレイが搭載されるといいます。

新しいノートブック用の13.3インチa-Siパネルは、Appleの13.3インチMacBook Proと同じ解像度を2,560 x 1,600で提供しています。

LGディスプレイは4月にパネルの供給を開始し、新型MacBookは5月末または6月初旬に量産投入を予定している。
DigiTimesのアナリストは、アップルは今年末までに600万台の出荷を目標としているといいます。

DigiTimesは、新しいMacBook AirやMacBookに加えて、アップルは第2四半期に向けてエントリーレベルのiPadモデルを、第二四半期には新しいiPad Proモデルをリリースする予定だという。