Chrome OS 66のフルメルトダウン保護、パスワードのエクスポート機能など

0
283

先週Mac、Windows、Linux、AndroidにリリースされたChromeバージョン66は現在Chrome OSにも展開されています。メディア自動再生の制限とパスワードのエクスポート機能に加えて、このアップデートにはいくつかの小さな調整と、Chrome OSデバイスのメルトダウン緩和が含まれています。



Chrome OS 66のフルメルトダウン保護、パスワードのエクスポート機能など

1月のバージョン64では、ユーザーはサイトごとに音声をミュートすることができ、より一貫性のある再生が可能になりました。 Googleは現在、Chrome 66でメディアの自動再生を管理する新しいポリシーを追加しています。

パスワードの管理の下に新しい「パスワードのエクスポート」オプションがあり、ユーザーは保存された情報リストをダウンロードできます。保存された.csvファイルは平文で、簡単にアクセスできるため、プロンプトでユーザーにダウンロードの確認を求められます。

セキュリティ面では、すべてのChrome OSデバイスに、3.8カーネルのIntelデバイス用のKPTI軽減で、Meltdown CPUの脆弱性に対してパッチが適用されるようになりました。

一方、このバージョンには、新しいマテリアルキーボードショートカットヘルパーアプリを含む、いくつかの小さな追加があります。キーボードの仮想オーバーレイから、インターフェースはいくつかのセクションと検索を持つウィンドウになりました。

Chromeカメラアプリでビデオを録画できるようになりましたが、スマートフォンとの高速な接続を可能にするマジックやインスタントテザリングは、より多くのデバイスをサポートするようになりました。

倍率を使用するユーザーは、最大20倍(2倍の増分)のズームが可能です。一方、Googleではピクチャーインピクチャー倍率を追加しています。その他の調整は、ウィンドウと表示の設定を扱います。

AndroidのフロントではPlayストアのアプリがスクリーン共有をサポートするようになりましたが、ネイティブ印刷のサポートと最大化されたウィンドウの改善が行われています。

変更のリストは以下になります。

  • 新しいキーボードショートカットを追加して、ウィンドウをディスプレイからディスプレイに移動する
  • 新しいChrome OSキーボードショートカットヘルパ
  • 外部ディスプレイ設定の拡張
  • Chromeカメラアプリでビデオ録画を有効にする
  • 概要ウィンドウアニメーションの改善
  • マジック・テザーのサポートを拡大
  • ピクチャーインピクチャー倍率
  • Chrome OS拡大鏡で最大20倍のズーム機能
  • ピンチジェスチャーで全画面のマグズームレベルを調整する機能
  • Google Playストア経由でインストールされたAndroidアプリの画面共有のサポート
  • 最初のログインオプトインウィンドウにGoogle Playを追加する
  • Google Play GDPRのサポート
  • Google Play最大限のウィンドウサポートの改善
  • Chrome OSログインからネットワークの802.1x認証にユーザーの資格情報を自動的に渡す
  • Google Playアプリケーションに拡張されたネイティブ印刷のサポート
  • 最初のログイン時に同期通知を追加する

Chrome OS 66は数日後、すべての端末で使用できるようになります。