AppleはiOS 11.2.6のリリース後、古い開発コードによる署名を停止

0
204

Appleは先週iOS 11.2.6のリリースに伴い、iOS 11.2.5用の開発コードの署名を停止した。これは、iPhone、iPad、iPod touchの所有者が最新で、最も安全なバージョンのモバイルオペレーティングシステムを実行できるように制限する典型的な動きです。



古いiOS 11.2.5用の開発による署名を停止

先週月曜日にリリースされたiOS 11.2.6には、特定のインド語の文字が表示されたときにアプリをクラッシュさせる厄介なレンダリングのバグや、Springboard自身の修正が含まれていました

1週間前に発見されたiOSの脆弱性は、ユーザーがテルグ語を受け取ったときに特定のアプリを使用できなく問題がありました。 Appleの独自のメッセージアプリやSafari、Gmail、Outlook、WhatsApp、Facebook Messengerなどのサードパーティ製ソフトウェアを含むコミュニケーションアプリが、このバグの影響を受けています。

Appleは古いコードをインストールするのを防ぐため、コードの署名を定期的にやめています。制限付きコード署名により、システムのセキュリティに加えて、ユーザーがiPhone、iPad、iPodで最新のファームウェアを実行できるようになります。

Appleは現在、iOS 11.3アップデートのベータテストを実施しており、約束されたバッテリ監視とパフォーマンス設定機能、ARKit 1.5、Health Recordsサポート、新しいAnimojiキャラクターなどを提供します。

先週発行された最新のiOS 11.3ベータ版では、AppleがAirPlay 2のサポートをテストから除外し、今春にソフトウェアアップデートが公開されたときに機能が組み込まれない可能性があることを示唆していました。