Google アルファベットと、他の企業は小型ドローンにも、厳しい規制ルールを適用か?

0
124

Google のアルファベット、アマゾン、フォードなどの企業が検討している中では、小型ドローンを趣味として飛ばしている人々に対しても、FAAの規制を強化する可能性があります。プライベート的な利用目的などから、悪意をもったユーザーがいくつかの連邦規制の抜け道を利用する可能性があり、娯楽などのプライベート的な利用目的であっても、ドローンの飛行制限が厳しくなる可能性があります。



小型ドローンにも、厳しい規制ルールを適用?

ブルームバーグは、先週、タイム・ワーナー社を含むメンバーが、コマーシャル・ドローン・アライアンスの支援を受けたと発表しました。アマゾンは、すべてのドローンユーザーに対して規制を実施することを個別に支援している。昨年12月、FAAは、ドローンユーザーが裁判で告訴された際、裁判官がドローンユーザーを有罪とし、0.55ポンド以上のデバイスの小型無人機登録を復活させる法律を発布しましました。 Tech企業もその法律を支持していましたが、ドローンパイロットたちは、これに反論し、すでに適切なガイドラインを持っているとし、最終判決に反対していました。

ドローンが普及するにつれて、より多くの法律がユーザーに制定されています。小売業者が宅配便の配達補助として使用するようになるにつれて、規制当局はより多くの規制を作成するよう促されています。