Highlights、研究者向けのPDFリーダーがiPhone、iPad、Macのユニバーサルアプリで登場

0
552

Appleは先月、iPhone、iPad、Mac間のユニバーサルアプリを正式に発表しました。 ユニバーサルアプリ機能を利用している最新のアプリとして、研究に焦点を当てた協力なPDFリーダー「Highlights」が登場しました。

HighlightsはMacで何年も使われている有名PDFアプリですが、クロスプラットフォームのユニバーサル購入に対応してたのに加えて、iPhoneとiPadでも初めて利用できるようになりました。 1回の支払いでiPhone、iPad、Macで利用が可能になります。



Highlightsは研究者向けの高級PDFリーダー

Highlightsは「研究用PDFリーダー」です。 アプリには、コンテキストアウェアアノテーション、アノテーション抽出のサポートなど、調査レポートの作成に非常に役立つさまざまな機能が含まれています。

最も興味深い機能の1つは、テーブルと画像データの抽出です。 多くのPDFアプリは、実際のデータへのアクセスでできない、スクリーンショットまたはチャートの画像をPDFに使用していますが、 Highlightsはグラフを抽出でき、機械学習を使用して実際のテキストの表に変換できます。

iPadでは、Highlightsはマルチウィンドウのサポート、Apple Pencilの統合、キーボードショートカットとナビゲーションなどの最新機能を利用しています。 全面的にダークモードのサポートもあります。

アノテーションの高速化:コンテキスト認識アノテーションポップオーバーは、指先を使った強力なツールを提供します。 デフォルトの注釈の色により、同じタイプの注釈の色を毎回繰り返し設定する必要がなくなります。

注釈の抽出:テキストと画像をマークアップすると、コンテンツが抽出され、メモに分類されます。 独自の色分けを使用して、フォーマットをさらにカスタマイズし、注釈を時系列で並べ替えることができます。

テーブルデータを抽出してテキストを認識: 機械学習を使用してテキストまたはテーブルを含む画像を実際のテキストおよびテーブルに変換し、ワンタップで基本データにアクセスできます。

スマートコピー: 注釈を目的の形式にコピーします。テキストマークアップをテキストとして、選択した画像を画像として、表をCSVとして、引用をBibTexとしてコピーします。

引用の参照: 参照をマークアップし、リンクアイコンをタップして参照を検索します。 ハイライトはDOIリンクをフェッチし、作業を既に読んだか、参照マネージャーライブラリに持っているかどうかを確認します。

どこでもエクスポート: ノートをファイル(Markdown、HTML、TextBundleまたはPDFファイル)としてエクスポートするか、お気に入りのシューボックスアプリケーション(Ulysses、Evernote、Bear、DEVONThink、Keep It、Apple Notesなど)で直接開きます。

Highlights – Export PDF Notes (2020.1.4)
カテゴリ:仕事効率化
販売元:Jonas Myren Ribe
価格:無料 (2020/04/12)