Apple製品の平均デバイス寿命は4年?

0
206


Asymcoのアナリスト、Horace Dediu氏は、Appleデバイスの平均寿命に焦点を当てた新しい研究を発表しました。 Dediu氏の調査は、特定の製品レベルのデータを分解するのではなく、Appleの全製品安定性を一般的な平均寿命で計算しています。 Dediu氏によると、アクティブデバイス数と累積デバイス数を使用すると、平均寿命を割り出すことができるといいます。



Apple製品の平均寿命は4年?

Dediu氏の調査では、アップルの、最新の収益発表で、発表された世界中の13億のアクティブなアップルデバイス総数から計算されている。Dediu氏は、平均寿命を決定するために、アクティブデバイス数を販売された累積デバイスから差し引いて、「累積リタイアデバイス」を割り出す計算を行いました。

Dediu氏は、平均寿命を見積もるため、製品の寿命の開始時の「累積デバイス販売数量」と現在の「累積リタイアデバイス数」の間の時間を計算しています。 2013年第2四半期に販売され、2017年第4四半期にリタイアしたApple製品のデータを見ると、Appleのデバイスの平均寿命は約4年3ヵ月であるという結果がでました。

Dediuは彼の計算の詳細な内訳を出しました。

これを計算する方法は次のとおりです。上部垂直バーは、領域(累積デバイス)と曲線(能動デバイス)との間のギャップを測定し、下部バーは、領域とx軸との間のギャップ、すなわち累積デバイスを測定する。これらの2つのバーが同じサイズの場合、それらの間の距離は寿命となります。

たとえば、上記のビジュアルが示すように今日の寿命は、累積デバイスが現在の退職した全デバイスに達してからの時間です。累積退職したデバイスは、20億5000万累積売却額から13億7000万を引いた額、7億5,000万が計算されます。 ここから2013年第3四半期から2017四半期までの期間、約4年3ヶ月が寿命として予測されます。

Dediu氏は、Apple、Mac、iPhone、iPad、Apple Watches、iPod touchなどの累積デバイスは、平均寿命が、個々の製品に完全に適用されるわけではないとも述べている。 Macユーザーがどれくらい長くコンピュータを使い続けているかについては、4年ちょうどの時期が予想されますが、製品ごとに見れば、iPhoneとApple Watchの所有者の統計は異なる可能性があります。