Appleは、中国ユーザーのiCloudデータを政府所有のサーバーに移行

0
165

今日から、アップルは中国の顧客のiCloudデータを、地方政府が所有する会社であるGCBDが運営するサーバーに移行する予定です。
Appleは、昨年、中国の新しい法律を遵守する必要があると説明し、昨年の移行計画を発表した。



iCloudデータを政府所有のサーバーに移行

中国の法律では、外国企業がデータを保存するためには、中国国内で管理されたサービスを使用する必要があるため、Appleはこの特定のデータセンタープロジェクトのためにGuizhou-Cloud Big Data Industry Co Ltdと提携しています。

移行内容については、中国政府とほぼ確実に合意されたと発表していた。

Apple社は今回の移行について以下のように述べている

データセンターを中国国内に移行させることで、当社の製品とサービスのスピードと信頼性を向上させるとともに、新たに合格した規制を遵守することができます。

国営のグローバル・タイムズ紙は同様に、プライバシに関する懸念を認識しており、実際にはプライバシーに関する考慮がされていないと主張している。

一部のユーザーは、南西中国の貴州省の新しいデータセンターが、アップルのローカルパートナー、政府所有のGuizhou-Cloud Big Data Industry Co(GCBD)によって運営されることを心配しているようだ。個人データが精査される恐れがある。

提示されたすべての保証内容は、サーバーにバックドアが存在しないということだけを指摘しており、中国政府は正面玄関からデータにアクセスすることはできないとだけ述べている。 AppleがiCloud暗号鍵をGCBDに渡していることが最近報告されました。つまり、データアクセスはローカルで処理される可能性があります。

Appleは先月、このプロセスを開始することを提案したが、後日、瞬時に切り替えるのではなく、時間がかかるとコメントしました。

移行に不満がある中国ユーザーは、iOSとmacOSの機能へのアクセスを制限することができ、iCloudアカウントを無効にすることもできます。現在中国に住んでいないが中国のApple IDを持っている場合は、Apple ID地域の設定を編集することもできます。