Googleが機械学習クラッシュコースを提供、その他のAI学習教材をリリース

0
189


AIの世界への移行の一環として、同社はこの技術を広く開拓したいと考えています。その最新のイニシアチブには、数多くのリソースを持つ新しいWebサイトと、これまでのオンライン学習コースが含まれます。

機械学習コースとAI学習教材

「Learn with Google AI」は、昨年のI / O開発者会議で最初に発表された新しい教育的な追加機能です。近年、同社はAIをオープン化し、そのツールを誰もが利用できるようにすることを目標としている。

AIは複雑な問題を解決することができ、産業全体を変革する可能性があります。つまり、AIは多様な人間の視点とニーズを反映することが重要です。そのため、Google AIの使命のひとつは、機械学習に興味のある人が成功するためのものになる事です。

最新の取り組みは、初心者から専門家まで、さまざまなレベルの経験を持つ方を対象としています。

サイトでは、MLの基本概念を学び、MLのスキルを開発し、実践し、実世界の問題にMLを適用する方法を提供しています。先進的なチュートリアルやTensorFlowの資料を探している専門家から、AIで最初のステップを踏みたいひとまで、Googleの教育コンテンツを探している人は誰でもここで見つけることができます。

一方、今日の発表のハイライトは、練習、インタラクティブなビジュアライゼーション、およびML概念を学び実践するためのインストラクションビデオを含む無料のマシンラーニングクラッシュコースです。

このMLCCコースは、当初、Googleの従業員向けに2日間のブートキャンプの一環として作成され、より多くのエンジニアを機械学習に目覚めさせる事を目標にしていました。

Googleのエンジニアリング教育チームは、この急速に進歩した、Google社のMLファンダメンタルズの実用的な導入を開発しました。これまでに、18,000人以上のGoogle社員がMLCCに参加、デイドリームデバイスのカメラキャリブレーションを強化、Google Earthのバーチャルリアリティを構築し、YouTubeのストリーミング品質を改善するコースのレッスンを受けました。 GoogleのMLCCの成功は、誰にでも利用できるようになっています。

https://ai.google/education#?modal_active=none