The Matrixで使用されたNokia Neoが復活!バナナフォンが戻ってきた

0
605


1999年に、キアヌリーブスはNeoを映画The Matrixで使用し、有名になった携帯電話です。ノキアは当時、 “世界をリードする携帯電話サプライヤー”でもあり、この人気はThe Matrix映画にも反映され、このNokia 8110 はその独特の形状からバナナフォンと呼ばれていました。



Neo バナナフォンが復活

ノキアブランドの携帯電話メーカーであるHMDは、Nokia 8110をレトロなクラシックな雰囲気に戻してリリースしました。昨年のモバイルワールドコングレスで発表されたノキア3310と同じように、8110はノスタルジアな携帯電話です。

わずかに湾曲したハンドセットには、通話に応答して終了するスライダがあり、HMDは従来の黒とバナナの黄色のバージョンを作成しています。

グリッドビュー

Nokia 8110はSmart Feature OSで動作するため、基本的なフィーチャーフォンですが、他のNokia AndroidスマートフォンにあるAndroidアプリにはアクセスできません。しかし、HMDはFacebook用のアプリストアを独自に作成しているため、サードパーティが独自アプリを作成する可能性はあります。

3310とは異なり、8110はヨーロッパ全体でLTEサポートを提供し、デュアルSIMバージョンも利用可能です。内部には、クアルコム205モバイルプラットフォームプロセッサ、512MBのRAM、および4GBのストレージがあります。バナナフォンは写真では大きく見えますが、後部にはわずか2.4インチのQVGAディスプレイと2メガピクセルのカメラだけでになり比較的小さい仕様です。驚異的なのは、バッテリー寿命で、スタンバイ状態だと25日間利用できます。

ノキア8110は5月に79ユーロ(97ドル)で購入できるようになります。