位置情報を取得しているiPhoneアプリを確認する、許可を変更する方法

0
194

iOS 13は、位置情報を取得するアプリの位置情報アクセス許可について、これまで以上に優秀なプライバシー制御機能を提供しています。今回は位置情報にアクセスしているiPhoneアプリの位置情報アクセス許可を確認、変更する方法をご紹介します。

iOS 13では、すべてのアプリに位置情報へのアクセス許可に「常に許可」「許可なし」に加えて「このAppの使用中のみ許可」を提供しています。また、 アプリの位置情報のアクセス許可を別のタイミングで確認できるように、「次回確認」オプションも提供しています。

位置情報へのアクセス許可を 「常に許可」ではなく「このAppの使用中のみ許可」に変更すると、アプリがバックグラウンドに切り替わると位置情報にアクセスできなくなります。 位置情報へのアクセス許可を変更することにより、位置情報のプライバシー保護に加えて、iPhoneバッテリーの消耗を減らし、バッテリーの持ちを良くする事ができます。

下では、iPhoneアプリの位置情報へのアクセス許可を変更する方法と、iOSシステム設定の位置情報の権限を確認する方法をご紹介します。



位置情報へアクセスできるiPhoneアプリを確認する方法

  1. iPhoneの「設定」をタップする
  2. 下にスワイプして「プライバシー」をタップし、上にある「位置情報サービス」を選択します
  3. 下の方に位置情報へアクセスが可能なアプリのリストが表示されます
  4. 位置情報へのアクセス許可を確認したいアプリをタップして、位置情報へのアクセス許可を変更します