サムスン GalaxyS9 レビュー、S8と同じデザインにアップグレードされたカメラを搭載

0
2889

昨年、、2017年の最高のスマホの1つになった、ギャラクシーS8を発表した。 今年、3月16日に販売を開始する、Galaxy S9とS9 Plusは、S8とデザインは大きく変わりませんが、カメラなどの仕様がアップグレードされています。



Galaxy S9とS9 Plus レビュー

Galaxy S9とS9 Plusは、前身のS8ととても似ており、一見すると、まったく同じように見えます。S9のペアはS8の魅力的で効率的なデザインを維持しています。

18.5:9のスクリーン、カーブしたサイド、ガラスの表と裏を使用しています。サムスンは、Galaxy S9とS9 Plusはわずかに明るいディスプレイと述べており、5.8インチ(S9)と6.2インチ(S9プラス)スクリーンは2960×1440ピクセル解像度のスーパーAMOLEDパネルと同じです。

Galaxy S9とS9 Plusは、S8と比べると少し重く、S8のケースをそのまま使うことは難しいようです。


ケースを再利用することができないもう一つの理由は、外観の変化です。Samsungは指紋スキャナをカメラの右側から下に移動しました。これは、特に大きなS9 Plusで指紋認証がさらに容易になります。画面内の指紋スキャナではありませんが、期待していたように、古いデザインよりも目立った改善となります。それ以外、ボタンレイアウトや3.5mmヘッドフォンジャックなどの他のハードウェア機能は以前と同じままです。

S9は、クアルコムのSnapdragon 845プロセッサを搭載しています。 4GB(S9)または6GB(S9 Plus)のRAMを搭載しています。 64GBのストレージとmicroSDカードのサポートが付属しています。 3,000mAh(S9)または3,500mAh(S9 Plus)バッテリーを搭載しています。 IP68防塵および防水です。高速有線充電と高速無線充電の両方をサポートしています。 Galaxy S9とS9 Plusは最大1.2Gbpsの速度をサポートし、600MHzの周波数をサポートします。



Galaxy S9とS9 Plusのカメラ

大きな特徴は、S9はシングルレンズと、9 PlusはデュアルカメラからなるS9の新しいカメラシステムです。

新しいカメラは、露出条件に応じて、非常に明るいf / 1.5からより小さいf / 2.4に切り替えることができる、機械的に調整可能な開口部、明るい絞りはS8のf / 1.7レンズよりも28%も明るく、f / 2.4絞りは晴れた日のような明るいシーンでの露出オーバーを防ぐのに役立ちます。カメラアプリは、必要に応じてアパーチャを切り替えることができます。また、アプリでプロモードを使用してアパーチャを手動で制御することもできます。

注意:絞りはf / 1.5とf / 2.4の間で切り替えることができますが、その間の値に設定することはできません。それでも、2つのアパーチャオプションは、基本的に他の電話機の2倍のアパーチャオプションです。


新しい調節可能な絞りに加えて、S9の12メガピクセルのカメラセンサーには、第2世代のデュアルピクセルオートフォーカステクノロジーが含まれています。最大960フレーム/秒(720p解像度)でスローモーションビデオを記録する機能カメラアプリは、iPhoneのカメラアプリの仕組みと同じように、スワイプすることで、さまざまなモードにすばやくアクセスできるように再設計されました。

S9 Plusの第2のリアカメラは可変絞り機能を備えていませんが、Note 8のデュアルカメラシステムと同様に機能します。これは広角カメラよりも被写体に2倍近い距離にあるf / 2.4レンズを搭載しており、縦モードのぼかし効果(「Live Focus」と呼んでいる)を可能にします。両方の携帯電話は、昨年のモデルと同じ8メガピクセルf / 1.7オートフォーカスフロントカメラを持っています。

新しいカメラアプリに統合されているものには、サムスンがiPhone XのAnimojiをコピーして、AR Emojiがあります。顔のイメージをキャプチャすることができ、100点以上をAnimojiを使用して、カスタム3Dキャラクターを構築します。その後、アプリはメッセージングアプリで使用するためにキーボードからアクセス可能な18のアニメーションGIF「ステッカー」を作成します。異なるヘアスタイル、眼鏡、および衣装で、キャラクターの外観をカスタマイズすることができます。 ARの絵文字はAnimojiと全く同じではありません。追跡は正確ではなく、動物でもありませんが、3D Bitmojiキャラクターと似ています。

 
Galaxy S9とS9 Plusのソフトウェア

S9はAndroid 8.0 Oreo搭載しており、S8のAndroidとは大きく異なるデザインではありません。 SamsungはBixbyアプリの一部を再設計しました。これは現在、カメラ機能を使用しており、食品のカロリーを計測、リアルタイム翻訳を高速化することができます。同社はSam's ClubやNordstromなどの小売業者と新たなパートナーシップを結び、Bixbyを通じて直接商品を購入できるようにしたほか、SephoraやCover Girlからメイクアップすることもできます。

Galaxy S9とS9 Plusは、GoogleのDaydream Viewヘッドセットと同様に、Note 8と並行して発売された同じGear VRも利用できます。また、昨年、発売されたDeX Stationと連携して、モニタ、キーボード、マウスを備えたフルコンピュータとして使用することもできます。

サムスンはDeX Padという新しいDeXデバイスもリリースしています。パッドは電話機をステーションのように設置するのではなく、トラックパッドやキーボードとして使用できるフラットな場所に置くことができます。 S9は最大2Kの解像度で外部ディスプレイをサポートすることができ、SamsungはDeXに最適化されたアプリケーションを作るために30〜40のパートナーと提携したと言います。それらの1つは、デバイスにプリロードされるファイナルファンタジーXVです。

 

S9は、大手通信事業者だけでなく、サムスンからのSIMロック解除され端末を購入出入ります。ロックされていないモデルの価格は\( 719.99と\) 839.99で、キャリア価格は\( 720〜\) 840〜\( 800と\) 930です。