クアルコムの5G通信テスト、実際のスピードが実際にどのくらい速いかをエミュレート

0
448

 

過去2〜3ヶ月間、5Gがピーク時に理論的に提供できるスピードが、実際、あまり理想的ではない状況の場合、どのように機能するのか?クアルコムがMobile World Congressで発表している5Gシミュレーションテストで導き出したい結果は、モバイルインターネットの未来は常に、本当に速いことを実感できることです。



クアルコムの5G通信テスト

クアルコムのテストでは、5Gの技術が常に提供できるギガビット・スピードを実現できるように、フランクフルトとサンフランシスコ間を既存のセルサイトとスペクトル配分に基づいてモデル化しました。これらのネットワークは、地理的条件、ネットワークへのさまざまなユーザーの要求、さまざまなレベルのLTEと5G接続で、さまざまなデバイス、さまざまな速度条件を考慮し、ネットワークの立ち上げ時の期待値を正確に示します。さらに、このシミュレーションは、来年に実現可能な5G NR(New Radio)ネットワークの種類を示すことを目的としています。これは、スタンドアロンの5Gネットワ​​ークではなく、既存の4G LTEテクノロジと組み合わされた非スタンドアロンネットワークです。

フランクフルトのシミュレーションは、100MHzの3.5GHzスペクトルに基づいた、より基本的なネットワークであり、5つのLTEスペクトル帯域に基盤となるギガビット-LTEネットワークを備えていますが、結果は驚異的です。ブラウジングは中央値は4Gユーザーの56 Mbpsに比べ、5Gユーザーの中央値は490 Mbpsを超え、ブラウジングの応答速度が約7倍速くなりました。ダウンロード速度も飛躍的に向上し、LTEでは8 Mbpsのところ、ユーザーの90%以上が5Gで少なくとも100 Mbpsのダウンロード速度を体験できています。

 
サンフランシスコのシミュレーションはさらに印象的でした。 Qualcommは、ライセンスアシスタントアクセス(LAA)帯域に加えて、4つのライセンスLTE帯域でギガビット-LTEネットワークの上に構築された、800 MHzの28 GHz mmWaveスペクトルで動作するネットワークをモデル化しました。

ブラウジング速度は中央値の4Gユーザーの71 Mbpsから中央値の5Gユーザーの1.4 Gbps(mmWaveカバレッジ)まで上昇し、応答時間は約23倍速くなりました。ユーザーの90%のダウンロード速度は、5Gで少なくとも10Mbpsから186Mbpsに、中央速度は442Mbpsでクロッキングしています。ビデオ品質も両方のテストで劇的に改善され、中央5Gユーザーは8K、120FPS、10ビットのカラービデオストリーミングを実現していました。