Digitimesは、2018年に主要なMacBook Proのアップデートはないと報告

0
218

Digitimesは、AppleがQuantaからFoxconnへのMacBook Pro製造注文に切り替え、コストを削減し、リスクを減らすために再配分していると報告しています。 Appleは、今年、MacBook Proの主要なハードウェアアップデートを既存の生産ラインで入手困難なため、今年、生産を移管する意向があるといいます。

現在、Appleは2016年にMacBook Proの最新のデザインを発表して以降、MacBook Pro 2017の供給は引き続き強力です。

Digitimesはこれまで、FoxconnがMacBook Proの製造の約20%、Quantaは残りの80%を占めているという。新しい生産スケジュールでは、Quantaは完全に削除されませんが、両社に均等な製造注文を与えるため、Quantaに約30%の損失が生じるといいます。

Appleは、サプライヤが製造注文で競合させ、サプライサイドのリスクを軽減し、価格を引き下げるために、複数の製造業者と組立業者で生産することを好みます。

Digitimesは、サプライチェーンの上位レベルの問題解決することを優先するため。2018年は、主要なMacBook Proアップデートはないと考えています。

また、アップル社は、同世代のデザインを数世代にわたって保持することも一般的で、2016のデザインはまだ比較的新しいため大きな変更はないと考えられます。

「メジャーアップデートなし」は、アップル社が新しいCPUや32 GBのRAMオプションなどを追加するなど、より良い仕様で内部をアップデートする可能はあります。また、2016年と2017年のモデルのバタフライキーボードで、ユーザーから多くの苦情を受けている為、この修正を行う可能性はあります。

おそらく、キーボードデザインやタッチパネルなどの重要な変更は、今年はなさそうです。

引用元:Apple to give more MacBook orders to Foxconn in 2018