Appleは、オブジェクトの寸法を自動検出できるARKit Measureアプリを発表

0
133

Appleは、iOS 12およびAugmented Realityの説明で始まるWWDCの基調講演を開始しました。 USDZファイル形式や、Adobe Creative CloudでのUSDZネイティブサポート、ARKit 2など、ARKitのさらなる進展とともに、Measureが発表されました。



Appleは、オブジェクトの寸法を自動検出できるARKit Measureアプリを発表

Measureアプリは、3D空間内のオブジェクトの寸法を自動検出し、自動測定を提供できる、iOS 12に搭載されたARKit対応の計測アプリです。

Appleのソフトウェアエンジニアリング担当SVP、Craig Federighi氏は、今朝のSan Joseのステージ上ででMeasureアプリを実演しました。デモはFederighi氏がディスプレイ上に簡単なタップでポイントを設定してスーツケースを測定することで構成されています。画面上の点から測定線が得られたら、Measureは自動的に寸法を検出して表示しました。 Measureは、3D空間内のオブジェクトの寸法を表示することもできます。

App Storeにはすでに多くのARKit対応計測アプリケーションがあり、最も人気のあるARKitのジャンルの1つです。