iPhoneでiCloudのバックアップデータを削除する方法

0
292

iCloudの残り容量が少なくなってきた時、iCloudに保存されているデバイスのバックアップデータを削除して、iCloudの残り容量を増やす事ができます。今回は、iPhoneとiPadでiCloudバックアップデータを削除する方法をご紹介します。

iCloudストレージは、写真やビデオ、iMessage、サードパーティアプリのデータを保存しておく事ができすクラウドストレージです。 デバイスのバックアップデータもiCloudストレージに保存されているため、バックアップデータを削除しiCloudストレージの残り容量を増やしたり、iCloudストレージのプランをアップグレードして容量を増やすこともできます。今回は、iPhoneまたはiPadで同じiCloudアカウントで作成されたデバイスのバックアップデータを削除する方法になります。



iCloudのバックアップデータを削除する方法

  1. iPhone(またはiPad)で「設定」を開きます
  2. 「設定」上部にあるアカウント名前をタップします。
  3. 「iCloud」を選択
  4. 「ストレージの管理」をタップします
  5. 「バックアップ」を選択
  6. 削除したいデバイスのバックアップを選択し、「バックアップを削除」をタップします

注:デバイスのバックアップを削除すると、iCloudバックアップ機能もオフになります。 そのため、iCloudバックアップ機能を再度オンにしたい場合は、iCloud> iCloudバックアップに戻り、iCloudバックアップをオンにする必要があります。