流出した内部のSnapchat指標は、再設計と新しい広告のアプローチがなぜ重要であるかを説明

0
120

The Daily Beastの新しいレポートでは、Snapchatの秘密を垣間見れます! また、ソーシャルメディアサービスのパフォーマンスから流出した内部メトリクスについても、新しいデータから、なぜSnapchatが再設計で急速に動いたのかを示しており、広告料金を引き上げる新しいアプローチに取り組んでいることがわかります。

昨年の第3四半期の後、Snapchatはソーシャルメディアプラットフォームに新たな「破壊的な」デザインを登場させ、アプリの使い方が難しいことを認めました。

その後、11月の終わりに、同社は限定されたリリースで再設計を発表しました(Snapchatはまだすべてのユーザーに再設計を公開していない)。

CEOのEvan Spiegelは、新しいユーザーは新しいアプリケーションにいち早く反応し、新しいデザインを使用したがる傾向を投資家に語った。

新しいデザインには、友人とメディアのセクションの分離が含まれています。これによりユーザーエクスペリエンスが向上する可能性がありますが、Snapchatでは広告の表示/料金が損なわれるかどうかに問題があり、意見が分かれています。ストーリーとスナップを同じ場所に配置し、スナップマップをディスカバリーセクションに置くことで、広告ビューを増やす機会を作り出しています。

Snapchatは秘密主義で知られています。Appleと同じレベルで、公開声明や内部でさえも具体的な内容は分かりません。

従業員、パートナー、投資家は、アプリの重要な機能の多くがうまくい機能しているのか暗中模索の中にいます。

これは、The Daily Beastが内部データとグラフを共有していた今、一点しました。何が成功したのか、何が失われたのか、そしてSnapchatユーザーが何のサービスを最も多く利用しているのか、
興味深い詳細が含まれています。

スナップマップは当初はかなり人気が高いようでしたが、データは、その機能が毎日約3,500万人のピークから9月16日現在の2000万人に急速に減少したことを示しています。

一意のユーザーによる毎日のストーリー投稿の詳細は、4月から2017年9月にかけてわずかに減少しています。

最もよく使用されるSnapchatの機能はメッセージングであり、ユーザーは1日平均34を送信します。よりアクティブなユーザーへは、毎日スナップを送ることで成長することがわかります。

Snapchatが収益性を高める別の方法として、スキップする前に少なくとも3秒間広告を視聴させることが挙げられます。また、広告料金を引き上げようとする試みで、プロモートストーリーに加えてARトライアル広告プログラムもテストしています。

新しいリニューアルがすべてのユーザーに展開される時期についての公式な名言はありません。