ハンズオン:CES 2018での深センに拠点を置く「HighGreat」の新しいドローン:「Mark」と「Hesper」

0
324

深センに本拠を置くHighGreatは、今週のCES 2018で、コンシューマードローン市場の中低水準をターゲットにした新しいドローンを展示している。ドローンはそれぞれ "Mark"と "Hesper"という名前で、両方ともMavicを折り畳むことで軽く持ち運びが容易なドローンです。



マーク

Markは静的なソニーIMX 214で4Kのビデオを撮影します。取り外し可能な1,300 mAhバッテリーで18分間、飛行することができます。ストレージにmicroSDを使用しています。

マークについての興味深い点の1つは、DJI Sparkのサイズと重量がほぼ同じで、翼の幅が少し大きく、重量が軽いことです。また、オプションパーツをつけられる面白い小さなスロットがあります。折りたたみができることで、ポケットに収めることができます。

Sparkとは異なり、Markは真のRCで使用することはできません。競争用ではなく、HighGreat第2のドローンとしての位置付けになります。Hesperとはまったく同じではありませんが、うまく飛行はできます。

ヘスパー

マークが折りたたみ可能なDJI Sparkのアナロジーであれば、HesperはMavicより小型で安価なバージョンです。 Markの静的カメラとは異なり、Hesperには1軸ジンバルがあり、実際には真のRCで動作、ビジュアルトラッキング機能を備えています。興味深いことに、マークと同じソニーIMX 214センサーを持っているにもかかわらず、Hesperは4Kで記録できません。

マークのアプリベースの制御は60mに制限されていますが、HesperのRC制御では最大800mの飛行を可能にします。 Hesperは1,950 mAhのより大きいバッテリーを持っていますが、同じ18分の飛行時間を得ます。



価格と販売日

4月に発売される予定で、小さなマークドローンは約299ドル、Hesperは$ 499で3月にリリースされる予定です。