Jamf、2017年の記録的な成長を発表、エンタープライズで9百万以上のAppleデバイスを管理

0
204


Jamfは、2017年の成長が記録的な年であったことを発表しました。プレスリリースでは、同社はベース数を40%増やし、4000以上の新しい組織が登録したと語ります。

Jamfによると、現在、iPhone、iPads、Mac、Apple TVを含む900万台を管理しており、2017年には200万台が新たに追加されている。同社は現在、13,700社のユーザーにサービスを提供している。

  • Fortune 500大企業25社のうち17社
  • 10のグローバルマーケティンググループ
  • トップ11の小児病院のうち10施設
  • 米国の上位10社のうち7社
  • 6,000のK-12および高等教育学校
  • Jamf氏は、2017年の成功事例として、さまざまな企業イニシアティブを挙げています。たとえば、Walmart、Capital One、SAPは毎年Jamf Nation User Conferenceで協力して、Macをエンタープライズで使用するメリットについて語っています。


Mac Choice、Fortune 500で採用を拡大

IBM、Walmart、Capital OneとSAPの実施を踏まえ、JNUC 2017でのコラボレーションにより、を従業員のMacデバイスに対する期待だけでなく、従業員の満足度も向上させていると言います。

Jamfの成長に関するニュースは、エンタープライズ市場に焦点を当てているAppleにとっては良いニュースです。同社は、企業間連携を深め、IBMとSAPと緊密に協力しています。