ソニーのミッドレンジXA2およびXA2ウルトラリーク!CES 2018で公開へ

0
4

ソニーのスマートフォンのデザインは、近年停滞していると批判されており、少なくとも短期間では、変わる見込みはない。 Xperia XA2、XA2 Ultra、およびL2のリークによると、CESバインドデバイスでは、わずかな変更しかありません。

ソニーのミッドレンジXAラインは、XA2とXA2 Ultra(VentureBeat経由)の第3世代になりました。前者は、5インチの720pから5.2インチの1920 x 1080に大幅な画面アップグレードを実現しますが、後者は6インチで同じ解像度を提供し続けます。

どちらもオクタコアのSnapdragon 630チップ用のMediatekプロセッサを落としています。これらのクアルコムチップは2.2GHzで動作し、3GBのRAMと32GBのストレージ、4GBと64GBのUltraとペアリングされます。

最も興味深い変化は、ソニーが、カメラレンズの下にある円形のリアスキャナーを使い、電源ボタンの指紋センサーをドロップすると予測されています。

XA1ラインには指紋センサはありませんでしたが、これはソニーより高級なスマートフォンへの移行を示唆している可能性があります。また、前世代と比較して上下のベゼルが若干小さくなっています。

Sony Xperia XA2

Sony Xperia XA2 Ultra

カメラの前面には、両方とも4Kビデオキャプチャをサポートする21MPリアカメラセンサが搭載されています。 XA2は7MPセルフカメラを搭載し、Ultraは4Kビデオをサポートするデュアル14MP構成にアップグレードされています。

L2はソニーの低価格デバイスで、5.2インチ720pディスプレイを保持するだけでなく、リア指紋センサーも搭載している。ただし、OreoではなくAndroid Nougatで起動する可能性があります。

VentureBeatはCESの早期打ち上げが可能だと指摘しているが、携帯電話は2月のMobile World Congressまで延期される可能性もある。