Apple WatchでTwitterのダイレクトメッセージを送受信する方法

0
518

Apple WatchでTwitter 投稿を読みたい場合にいい方法があります。「Jay」アプリを最新にアップデートすると、Apple Watchで直接メッセージを読んだり投稿を送信したりできます。



Jayアプリを使って、Apple WatchでTwitter ダイレクトメッセージを送受信する方法

Jayアプリの最新アップデートで、Apple Watchから直接、Twitterのダイレクトメッセージを読んだり送信したりできるようになりました。ForceTouchを使用してコンテキストメニューを開き、「その他」をタップして「メッセージ」を選択します。

Jayアプリは、iPhoneとApple Watchの両方で利用でTwittterをフル機能で使用できるTwitterクライアントです。

Apple Watchのような小さな画面でTwitterを読むのは理想的ではないかもしれませんが、Jayアプリを使うと、iPhoneが手元にない場合でもWatchでタイムラインをスクロールして、iPhoneの読書リストにツイートを追加できます。

Jayアプリの紹介

Jayアプリは、Apple WatchにTwitterのフル機能を追加することができます。

リツイート、ツイートの検索、Twitterユーザープロファイルのフォロー、そしてもちろんツイートなど、タイムラインなどをApple Watchから直接使用できます。

より大きな画面、iPhoneやiPadでツイートを確認したい場合は、Apple Watchでリーディングリストに追加して、後でiPhoneのJayアプリでゆっくり読むことができます。

iPhoneでは、お気に入りのTwitterアプリ(Twitter、Tweetbot、Twitterrific)を使用して、ツイート、プロファイル、ハッシュタグを開けます。

Jayアプリはまた、Digital Crownを使用してTwitterビデオ、GIF、写真のズームをサポートし、VoiceOverの完全なサポートを通じて優れたアクセシビリティをもたらします。

Jayアプリの利用には、watchOS 6.1以降をしているApple Watch Series 2以上が必要です。