AvidoのWiBaバッテリーは携帯充電中も、自身をワイヤレス充電

0
104

外付けバッテリを使用する必要があるときはいつでも、対応するケーブルを使用する必要があります。また、外付けバッテリーが空になった時も、バッテリーを充電するために、専用のケーブルで接続する必要があります。 Avidoはこれらの問題を解決することを目指しており、近年のQi規格で無線で充電するだけでなく、自身も無線で充電するWiBaを発表しました。

すでに市場には、モーフィーPowerstationのように、携帯電話を充電することができるバッテリーが多く登場していますが、これらのバッテリーに欠けているものは、バッテリー自身をワイヤレスで充電する機能です。WiBaは、Qi無線規格で充電できる外付けバッテリーとして登場しました。

WiBaは手頃なバッテリーではありませんが、5000mAhのバッテリーは99.95ドルで、手頃な価格オプションがあります。実際、モーフのPowerstationは99.99ドルで、ワイヤレス充電と10000mAhを備えていますが、WiBaの売り込みポイントは、2方向のワイヤレス充電です。

Avidoには2つのスリムな金属板が含まれています。携帯電話やケースをWiBaのQiコイルに自動的に合わせます。これにより、携帯電話との接続を維持し、充電を維持することが簡単になります。また、移動するときに電話とバッテリーを一緒に持ち運ぶのに役立ちます。

お使いの携帯電話がワイヤレス充電をサポートしておらず、まだWiBaを使用して充電したい場合は、側面に通常のUSB-Aポートがあり、非対応のデバイスに電力を供給することができます。

WiBaは、今年後半に発売されるゲームチェンジャーよりもエグゼクティブな製品ですが、真のワイヤレス世界に一歩近づけるためのアイテムです。