より速いプロセッサー、4K 120FPSサポート、そしてLGの2018テレビラインナップ

0
247

LGは88インチの8K OLED TVを発表しました!映像は驚くほどの美しさです!LGは、OLED技術を用いて4K HDRのスタンダードの1つとして長年にわたり走り続けてきました。今年はついに美しいが、桁外れの価格の "壁紙" OLED TVが登場します。

LGテレビの2018年のラインナップの中で最大のものの1つは、Google Assistantのサポートです。これは、アイテムをLGテレビに「キャスト」できるだけでなく、LGのwebOSプラットフォームを介してGoogle Assistantと完全にやり取りすることです。これにより、Google Assistantで行うことができるすべてのことが可能になります。

LGの2018年のTVラインナップには、同社の新しいa9プロセッサが搭載されています。 a9は、W8、E8、C8テレビのようなLGのハイエンドのテレビになります。「より低い」モデルを購入した場合、a9のわずかに縮小されたバージョンが搭載されます。

ここでのプロセッサの高速化により、新しいテレビでより良い画像処理が可能になり、よりシャープな画像が得られます。また、新しいGoogleアシスタントの機能をすばやく処理することもできます。 LGはまた、アマゾンのAlexaサービスのサポートを発表しましたが、統合の程度は正確にはわかりませんが、来週CESで詳しく確認できるようになるでしょう。

LGが推進している1つの領域は、より正確な色精度を与えるフルアレイローカルディミングです。 HDRは、TechnicolorのDolby Vision、HLG、HDR10、およびAdvanced HDRでもサポートされています。 LGがいつでもHDR10 +をサポートするかどうかについての発言はありません。

もう一つの側面は、高いフレームレートのサポートです。LGの2018年のテレビのラインナップは、毎秒120フレームのネイティブでコンテンツをサポートします。

HDMI 2.1がサポートされていないため、悲しいことに、120FPSコンテンツの唯一のオプションがストリーミングであることを意味しています。 HDMI 2.1が完全にサポートされるまで、将来のコンソールやメディアプレーヤーからTVに120FPSのコンテンツを入手する方法はありません。

LGの2018年のテレビのラインナップは、幅広い機能を備えています。この新しいテレビでは、ローカルディミング、4KアクティブHDR、4KシネマHDR、ハイフレームレート、Google Assistant、Dolby Atmosなどが表示されます。

LGの2018年のテレビのラインナップではまだ価格設定ができていませんが、ほんの数日でCES 2018からの情報がより多く出ると期待できます。