アップルのメーカー、ARスマートメガネ用のレンズを開発?

ブルームバーグからの新しいレポートでは、アップルの製造元QuantaがAR向けスマートメガネのためのレンズ生産を開始する契約を締結したことを今日報告している。今回の契約はAppleにとって特別なものではありませんが、Appleが次のウェアラブル製品を市場に投入きっかけになりそうです。

今日のニュースは、アップルがARスマートメガネ製品をリリースすることに影響を与えるかもしれない。Quantaの契約は主にARコンポーネントメーカーLumusとの契約になっています。

QuantaはARレンズを製造する。イスラエルを拠点とするLumusに4500万ドルを投資し、両社は現在ライセンス契約を結んでいる。ルムスのCEO、アリ・グロブマンはブルームバーグに、この契約はコンポーネントの価格を大幅に低下させ、AR着用可能性を改善する可能性があると語った。

「これは、ARガラスのティアダウンで最も高価なキーイング技術が現在手頃な価格で提供され、消費者のARガラスの全体的なコストを効果的に下げることを意味する」とグロブマンはインタビューで語った。

ティム・クック氏は、スマート・メガネ製品を短期間に市場投入するための障害のいくつかを、過去10月に共有しました。

しかし、Quantaは2年以上にわたりこれらの課題に取り組んでおり、今日のLumusとの契約は、1000ドル以下のスマートメガネ製品を実現するという目標に向かってさらに進歩していると言います。

Quantaは以前、ARスマートメガネ製品が遅くとも2019に到着すると予想していました。しかし、最新の噂よると、Apple社は2020年のリリースを目標していることになる。